今日は、手法の持続性に関する質問が来たので、答えたいと思う。

とりあえず、一旦その質問を紹介する。

引用ここから

初めまして。
動画講座に関しての質問なのですが、動画講座で紹介している期待値プラスのルールがこの先全く機能しなくなる可能性はどのくらいあると思いますか?

よろしくお願い致します。

引用ここまで

 

俺の売買ルールに関わらず、誰のルールでもそうだが、誰もそれが永遠に機能するとは言えない。

俺の売買ルールは、FX市場の巨大さ、時間によるメインプレイヤーの交代、節目という非効率的空間の代表、という3つの特徴をメインに自分で理論を作り上げた。

なので、個人的にはFX市場が今のように巨大で、東京・ロンドン・NYという巨大プレイヤーがこれからも存続し、節目での攻防には非効率性が増すという特徴が続く限りは機能していく自信はある。

だが、いつの日かFX市場が小さくなったり、メインプレイヤーがごっそり変わってしまったり、それこそHFTが台頭したように、何らかの新しい変化(たとえばAIトレーダーが人間を凌駕するレベルになって、昼夜関係なくそれが相場を支配していったり)が起きれば機能しなくなるだろう。

未来のことは本質的に予測できないので、俺は今この世の中が続くと信じて、自分の売買ルールに従ってトレードしているが、ブラックスワン的な影響力のある現象が起これば、また対応を練らなくてはならないだろう。

 

だが、マイナーチェンジ程度であれば、いつでも自分の売買ルールを調整していく自信はある。自分で作ったんだから、裏の裏まで知り尽くしているので、「ここが変化したならここを変化させよう」など、色々とロジックを組んで対処していくと思う。

 

なので、回答としては、全く機能しなくなる可能性はないとはいいきれない。だが、そうなったらまた調整すればいいし、あまり大きな問題では無い、というのが正直な所だ。

参考になっただろうか。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら