FX攻略.comでの最新連載記事だ。チェックしてくれ。

記事はここから読めるぞ

 

トレーダーになりたての頃、聖杯探しに確かに結構やっきになった。

聖杯ってのは、トータルプラスって意味じゃなく、勝率100%というありえない意味での聖杯だ。

最初はMACDとMVAのクロスの重なりだった。

んで、当時の俺は、あほの底抜けだが、絶対負けないストップ幅と、絶対勝てる利益幅を探した。

当たり前だが、そんなことをしていると、ものすごくストップは広くなり、リミットは狭くなる。

しかも、どれだけストップを広くしても、雇用統計や大きな指標の時に逆に行くときはどうしようもないから、どうあがいてもストップは限界がある。

さらに、巡行してすぐに逆行するときも多々あるので、すべての巡行で確実に取ろうと思うと、ほんとに1,2pipsで利確になってしまう。

こんなの、確実に勝てない。手数料負けだし、ストップについたら永遠にそれを取り返せない。

そして途方に暮れた。勝率100%は無理なのか、、どうしたらいいんだ、、と。

 

そりゃ無理だろ、100%の勝率のルールなんてあったら、逆にマーケットなんて成立しないよ、という事実にその後気づいた。

やるべきことは、トータルでプラスになるような、上手いストップとリミットの割合だと。

そして、それは絶対額ではどうしても過去にさかのぼると効かない期間が出てくるので、それをマーケットのボラティリティに合わせて微調整する必要があると。

 

トータルでプラスを狙えばいいというところにたどり着いたとき、勝率という呪縛から逃れられた。

ある意味ほとんどの人間はこの”勝率”という魔物から永遠に縛られるのではないかと思う。

トータルで勝つというのと、勝率は、ほとんどリンクしない。

トレーダーが追い求めるべきは期待値であり、勝率ではない。ただ、それを本当に理解するには、やっぱり自分でやって痛みを知るしかないのかもしれないけど。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら