俺は、結構慎重派なので、思いついた売買ルールや改善は、最低限過去200回、若しくはデモトレードなどの疑似取引で200回は試行してから、自分のルールに取り入れたり、改善していったりしている。

最近NY時間の研究も始めたので、(NYは仕事ではやらないので個人口座の趣味程度だが)久しぶりに本気で検証をすることになった。

検証の時間はトレードにおいて個人的にかなり楽しい時間だ。色々とアイデアを絞って、この特徴を使ってここをこうしてみよう、とか、その仮説が検証で使えそうとなったときなど、トレーダーやってると一番楽しい瞬間だ。

勿論お金を稼げるとうれしいが、それは、楽しいというより嬉しいに近い。トレード自体は期待値プラスのルールを基本的には淡々と行っていくので、楽しさでいくと、パズルに近い感覚なので検証が一番楽しいのだ。

また、実践で少し大きな金額を入れると滑りが発生するが、検証ではほとんどその滑りを考慮に入れることができない(まぁ、おおまかはわかるが、細かいことは時間帯やロットの大きさで変わってくるので)代わりに、言わば理想的な儲けをルールから得ることができる。(プラスの場合のみね)

となると、ある意味検証段階では簡単に億万長者の切符を手に入れた気分になるのだ。ロットをあげてフルレバでやればすごいことになるぞ、みたいな。

まぁ、ルールを手に入れてからがトレードの難しいところだってのは、勝ってる奴はわかると思うので、さすがに今の年季じゃもうルールの検証で有頂天になることはなくなったが。

 

で、いまだにわからないのは、理想的な検証試行回数って何回くらいなんだろうってやつだ。

200回は個人的に臆病なのでさかのぼってやっているが、経験感覚的にはそこまで必要ないんじゃないかとも思ってしまう。

統計学的には30ってのが最低限の数字らしいが、30だと個人的には心もとない。

感覚的にも、デイトレードで30ってのはちょっと少ない印象だ。月間総トレード数より下手したら少ない人も多いんじゃないのと思ってしまう。(俺は大体月30くらい)

個人的にはやっぱり3ヶ月連続プラスで初めて安心できるかなと。なので最低100かなぁというイメージ。で、ビビりだからその2倍やってしまう。

 

だが、多すぎても時間の無駄なんだよな。そこは塩梅の難しいところなんだけども。

まぁ、個人的には100回やれば、実践に移していってもいいと思う。んで、記録と微調整のための検証は続けていくイメージ。

 

あれだぞ、俺の動画とかメルマガとかでルール手に入れるのはいいが、それでもまず実践に移す前に、自分で100回は検証するんだぞ、過去チャートでもデモでもいいから。

どんなスポーツでも、まずは型を反復練習して、実践、んでまた型にもどるだろ。

トレードに置き換えると、検証、実践、反省の繰り返しってこと。

これなしでいきなし実践だと、だいたい実践、ダメ、手法を捨てる、新しいの探す、のクソサイクルに陥っちまうからな。

 

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら