自分の負けトレードを見直すことは、重要だという話は今までもしてきた。

この負けトレードを見直すということは、売買ルールを手に入れてからもずっと重要であり続ける。

売買ルールを手に入れたら、負けはただ確率的に負けただけ。一つ一つのトレードには固執せず、トータルでの勝ちにこだわればいい。

確かにそれはそうだ。

 

だが、マーケットは常に変化する。本質は変わらないが、マイナーチェンジは常に起こっているのがマーケットの世界だ。

確かにいまのロスカットはただの数多くのトータルプラスに必要な確率的犠牲の一つに過ぎないかもしれない。

 

しかし、もしそのロスカットが自分のルールのほころびを示すものだったとしたら・・?

しっかりとマーケットの本質的な所に従って作り上げた売買ルールは、そうそう完全に機能しなくなることはないが、それでも少しづつ変化していくものだ。

それは、明文化できるレベルのことから、感覚的な部分のことまで、様々だ。

んで、確かに確率として仕方ないロスカットがほとんどかもしれないが、中にはしっかりと今後の売買ルールに組み込む必要のあるロスカットが新しいパターンとして出来ているかもしれない。

誰にも、一目ではそれが確率的犠牲なのか、重要なロスカットなのかは判別できない。

だからこそ、負けトレードもしっかり記録しておき、時々見返すことが重要になってくるのだ。

 

トレードってのは、結局つねに安心できる環境にはいない。安心出来ていたとしてもそれはかりそめであって、本当の意味で永遠に優位性を担保してくれるものなどありえない。

だからこそ、小さなほころびや、かすみのようなチャンスにトレーダーは敏感でなければならない。

記録をとるってのは最低限その敏感さを保持するのに必要なことなんだ。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら