ほとんどの人は、FXの世界にまずは兼業で入るはずだ。

俺もそっちの方が理想的だと思う。俺の場合はファンドからだったので、専業と思われがちだが、一応管理報酬から固定給(そんなに多くはないが)が出ていたので、ある意味マーケットに対するメンタリティは専業に近い兼業だったのかなとも思う。

勿論勝たなければ生き残っていけないので努力はするし、勉強・検証もとてつもなくやるのだが、ポジションをとったら理由とともに報告しなければいけないので、所謂「無駄なトレード」をあまりする機会がなかった。

これは結構自分の中で、生き残れてきた大きな理由の一つじゃないかと思う。

 

まぁどういうことかというと、売買ルールに従ってマーケットをみて、チャンスを探していると、「最高のチャンス」ってのがある。

この「最高のチャンス」は持ってるルールによってもちろん変わってくるんだと思うが、勝とうが負けようが、期待値はプラスなので迷いなくエントリーできるチャンスが最高のチャンスだ。

で、毎回最高のチャンスならいいんだが、そうマーケットは甘くない。

なので、本当にルールに従ったチャンスなのか、「ルールに強制的に従わせたチャンス」なのかを複雑な相場では見極めていかないといけない。ここが経験を要する、難しいポイントだったりする。

 

どういうことかというと、特に専業だとそうなってしまうんだと思うんだが、一日中モニターをみていて、さらに生活費をかならず相場から稼がないといけないというプレッシャーがあると、とにかくエントリーをしたくなってしまいがちだ。

だが、ルールに沿ったエントリーをしなきゃいけないことはわかっているので、相場を歪んでみてしまう。

その結果、最初はルールに沿ったつもりでも、後から見ると、「なんでこんなところで?」というようなところでポジションをとってしまったりしているものだ。

 

「最高のチャンス」と、「確実に見逃し」は、ルールを手に入れると誰でもできる。

難しいのは、それ以外の普通の相場、普通のチャンスや普通の見逃しを、「偏見なくフラットに相場をみて」トレードできるかどうかなんだ。

で、これって兼業は結構やりやすかったりするんだ。そこまで貪欲に利益をとらなくていい精神状態が却ってフラットに相場をみることに繋がったりする。

 

まずは「最高のチャンス」だけを積み重ねていくというのも、トレーダーとして長く生き残っていく手じゃないかなと思う。

 

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら