日曜なのでちょっとどうでもいい話なんだが、FXと株だと、FXの方がギャンブル的だと思われているふしがある。

株はちゃんと企業に投資しているから、ギャンブルじゃなくて投資。FXは実態のないものにお金入れて、投機しているだけだから悪。みたいな。

いや、別に一緒だよと、どっちも、トレードする人がいなくなれば世界が困ることは事実だし、そういう意味では重要な役割を担っているという言い方もできる。でも、別にFXと株のどっちが勝ちやすいということもなくて、結局負ける奴にとっては、負けるギャンブルでしかないよ、と。

 

むしろ、チャートを見て基本的にプライスアクションで勝負するトレーダーにとっては、FXの方がよっぽどやりやすい。株はまだ指数はいいが、個別になるとやっぱりわけのわからない動きをすることが多い。

まぁその分非効率性が高いってことなので、勝ちやすいのかもしれないが、、

 

日本人はとにかく印象に弱い。どこか風の噂レベルでの印象論が、世の中に当たり前のようにはびこっていく。

そして、その事実確認を自分ですることもしない。そのくせ、その噂が違っていたときに他人に責任を転嫁する。

たまたま俺が日本人で日本に住んでるからそういう奴が多いと思うだけで、たぶん外国にもこういうタイプの人間は多いんだろう。

 

日本では、証券会社とか、投資信託とか、そういう類のCMが毎日流れる。さらにアベノミクスのために、buy japanして株価を支える政策も売ってきた。だから、そこから投資に知識のなかった人間が投資を語りだし、「株は投資で、安全で、」みたいな勝手な妄想を持っている。

でも、なかなかFXってやる人が増えない。株に比べるとやっぱり資産形成として売り出しにくいんだろうなぁ。

別にどっちも安全でもないし、結局勝つ奴が勝つだけなんだから、もうちょっとFXユーザーが増えてもいいと思うんだが。。

 

 

まぁ、俺も結局勝手にユーザー数がFX<<株という確認を取っていない印象論で話を進めているので、実際は違うのかもしれない。

ただ、こんなようなことをこの前の打ち合わせ小耳にはさんだので、ふと思った。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら