俺のブログ読んでいる人間の中に損切りが出来ない奴はいないと思っているのであまり書いてこなかったが、今でも個人のトレーダーの中には損切りできない奴が多いらしい。

損切りは正直、FXをやっていく上で訪れる精神的な試練のうち、最も簡単なものだ。

損切りが普通にできてくると、ポジポジ病とか、チキン利食いとか、エントリー恐怖症とか、もっと克服の難しい苦難が待っていて、結構ここに対しては今までも記事をかいてきた。

 

でも、やっぱり超初心者のうちは、損切りってのがまず大きな壁になるみたいだ。とにかく塩漬けしたがったり、そもそもストップロスを入れなかったりする。

結局、損切りができないってのは、確固たる売買ルールがないってことと同義なんだと個人的には思っている。

つまり、ふわっとした自分の中の理論だけでトレードしているから、どうなったら仮説が崩れてポジションを手放すべきなのか、とかが最初から分からない。

 

FXは結構ボラティリティがあるので、塩漬けにしてもレンジ相場なら結構戻ってくるケースも多い。

しっかりしたトレンドがでちまうと死んでしまうんだが、無駄に助かることが多い分、塩漬けが癖になる奴も多いんだろう。

 

売買ルールに適用するのはファンダでもテクニカルでも個人の自由だが、そのルールには必ず仮説の崩れるポイントってのがあるはずだ。

それがないのであれば、自分のルールは売買ルールでもなんでもない。タダの勘であり、それはいくら繰り返しても何の成長もない意味のないトレードだ。

損切りなんてのはトレードする上で最初に超えるべき最も簡単な試練だ。本気で勝っていきたいなら、これくらいは軽く超えてこないと、先は正直みえてこない。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら