トレードルールを、自分で思いつこうが、何かで勉強しようが、自分で使いこなしていくためには、必ず自分でそのルールを検証していくという作業が必要になる。

人ってのは傲慢なもので、ルールを思いつく、若しくは知ったら、すぐに自分はそのルールを使いこなせると思いがちだ。

だが、実際はルール通りにエントリーするのすら難しかったりする。ちょっと早めだったり、ちょっと遅めだったり、もしくは偏った見方をして後で見直すとまったくルール通りではなかったり。

エントリーに慣れてきても、今度は利確ができなかったりする。早めに利確したり、ほんとはトレイリングストップしなければいけないのに持ち続けてみたり。

そうやってやっているうちは、ほとんどトータルでマイナスになっていく。ルールの期待値を大きく変えてしまうことになるので、この結果は別に驚くことではない。

 

ここで、自分でルールをちゃんと検証していると、ルールではなく自分が悪いと分かっているので、反省しながらそのルールに精通していくよう努力していくことになる。これであれば、まだ余計な寄り道をしないので、ゆっくりとだが順調に成長していける。

だが、自分でルールを検証していなければ、自分ではなくルールが悪いとすり替え、結局また魔法のルール探しの旅に出るようになり、何も成長せず、永遠にマーケットのカモであり続けることになる。

 

検証は勿論期待値プラスのルールを発見する、という部分でも大事な役割を果たすが、本当に大事な役割を果たすのはそのルールを実践に移すときになる。

いっつも口酸っぱく検証しろって言ってるのは、ルールを手にしたその先に、ちゃんとトレーダーとして正しい姿勢がとれるようにってところが大きい。

最短距離で勝てるトレーダーになりたいなら、必ずめんどくさくても検証しなければならない。それが、結局最短距離につながるから。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら