何事も一流になるには1万時間の努力が必要だっていう研究がある。

まぁ、自分で裏をとったことはないので、本当か嘘かはわからんが、なんでもプロレベルになるには、1万時間以上はそれに没頭して努力する必要があるっていう理論だ。

俺は、1万時間以上トレードをしてきたんだろうか。

1万時間をトレード関連の勉強を含めてなら、結構こなしてきた自信はあるが、トレードそのものとなると、1万時間には程遠い。

実際、ルールが固まったら、自分のやる時間が決まってきたので、それ以外の時は前のファンドでもチャートは流し見だった。

多分、この流し見の時間は努力をしているうちには入らないんだろう。

 

チャートの過去検証はしこたましてきたが、これもトレードそのものではない。でも、トレーダーとして集中してチャートを見ている時間だけで、1万時間以上って、かなりきつくないかと思ってしまう。

そもそも、ウォーレンバフェットとか、ジョージソロスとか、分析は色々したと思うが、リアルタイムで動くチャートを見ている時間ってあんまりなかったんじゃないか?そうなると、トレーダーにとって1万時間以上かけるべきは分析や検証なのかなと思う。

 

それなら、あともう少し頑張れば、1万時間に届きそうだ。

今まで人生で確実に練習時間が1万時間を超えているものってそうない。

学生時代やっていた武道も累計1万は超えていないし、受験勉強も1万時間は超えていない。(勉強全体だと優に超えているが、どんどんジャンルやレベルも変わってくるし、今回はあてはめにくいんではないだろうか)

そうなると、トレードが1万時間を超えてくるってのは、ある意味貴重なんじゃないかと思う。

 

1万時間を超えたとき、なにか「ぱっと」ひらめいて、別次元のレベルに開眼するのだろうか?笑

そんなことなくいつも通りやっているんだとは思うが、少し楽しみにしてみようか。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら