FX攻略の新記事がのったぞ。

記事はここから読めるぞ。

 

色々とインジケーターは昔から試してみたし、今も何個か使っているが、結局最終的には勘所みたいな話になってくる。

いまでも、プライスアクションや、ローソク足だけでの理論はほぼほぼ裁量なく機械的に判断できるが、EMA抜けだったり、ブレイクラインを抜けるときだったり、こういうところで抜ける前に入ったり、抜けてから入ったり、ちょこちょこやっぱり感覚的なところがある。

まぁ、そこが最終的にはエッジになるから仕方ない。だから、俺も使っているし、やっぱりインジケーター全否定ってのはできない。

 

だが、駆け出しのころ、何とかインジケーターなしにトレードできないかと考えていた。

一番の理由は、インジケーターは遅れるってところだ。結局ローソク足の終値など、確定データーができないとインジケーターは変わっていくので、ゴールデンクロスと思ったら後でみたらクロスしなかったり、逆に完全にクロスするまで待っていたらあまりに遠く行っちゃってリスクリワードがひどくなったり、その遅れが致命的になる時が多くある。

だから、機械的にすべて判断できる、ラインや、プライスアクション、ローソク足パターンなどだけで判断できないかと頑張って考えた。

それに、そこを基礎にしている部分は、俺は何ら間違っていないし、推奨する。

 

でも、やっぱり機械的に判断できるものだけを使ってのトレードだと、勝てないんだ。 トントンとかちょいプラはいけるけど、勝てない。

そこに少しはインジケーターだったり、感覚的な裁量(もちろんその量は少なくていいんだが)が必要で、それがあとあと大きなエッジになっていくんだ。

 

でも、そこになるのは、まず機械的にトントンとかになってからで、それができる前だと、ただの直観ダメトレーダーになってしまう。難しいところなんだよな。

だから、インジケーターはなるべく使わない方がいいっていつも言ってんだが、だからと言ってゼロでいいという話ではない。

現に今俺は使っているし、、

そういう細かいニュアンスは正直自分で気づいてくれと思っていたが、この前問い合わせがあったので、答えてみた。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら