トレードに限らずなんでもそうだが、努力することは大事だが、焦ってしまうのはよくない。

努力ができない人間は最初からトレードで勝てないし、そんな奴はまぁ何をやらしても基本ダメなのでどうでもいいんだが、努力はなんとか実らせてやりたいってのが人情なもんだ。

ただ、努力家がトレードで陥りがちなミスが、一つある。それは、焦りを持ってしまうことだ。

 

早く結果を出したい、早く儲けたい、そのために焦って努力してしまうと、その努力が逆効果になることはままある。

結局、いくら努力をしたからといって、トレードの世界における成長曲線ってのが、著しく変わるということはないのだ。

 

天才だって、いつ努力が実を結ぶかはわからん。天才柔道家の野村さんだって、中学生のころは決して天才といえるだけ強くはなかった。

勿論、天才の中には、もう最初っからまるっきり物が違う人もいる。でも、遅咲きの天才だっているのだ。

 

だが、人ってのは、やっぱり自分が劣っているということを認めたくないものなんだ。早咲きの天才をみて、それよりも早く咲きたい天才になりたいと思ってしまう。それで努力が焦って空回りしてしまう。

 

特にトレードの世界はそういうことが多い。マーケットの魔術師を読んでみると、驚くほど多種多様なマネージャーがおり、最初から勝ち続ける天才もいれば、努力・退場・努力の末に劇的なリターンを得た天才がいることがわかる。

でも、やっぱりセンセーショナルなのは最初から勝ち続けた人間であり、日本でいうと、BNFさんのような人なのだ。

 

そこを最初から目指してしまうから、何とか早く結果をだそうとやっきになる。その結果、少しの失敗でどうしようもなくなってしまい、躍起になってわけのわからないことをしてしまい、自暴自棄に陥ったりしてしまう。

 

努力は嘘をつかないというが、まぁそれは嘘だ。努力が報われないこともある。

でも、そんなに報われることに焦らなくてもいい。3年くらいは見据えて、腰を据えてとりくもう、というくらいの姿勢でいいんだよ。その間努力し続けられると誓えるならな。

3年やって、どうしようもなかったら、損切すればいいじゃないか。長い人生、トレードと一緒で、損切りの連続だよ。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら