さて、最後になるが、裁量とルール違反についてだ。

1でも書いたが、最初のうちは、ルールをちゃんと検証して、改善していく必要が出てくる。

その検証というのは、何か自分のトレードを記録していて気付いたことに対して、そのアイデアを同じように過去全て、そして現在の相場でトレードした場合、元のトレードに比べて改善したかどうかをみていくことを検証という。

なので、全てに同じ変化をもたらさないといけないし、その変化を過去だけでなく、リアルタイムでやってみて、その変化を加えていないリアルタイムの状態と比べても良くならなければならない。

なので、イメージとしては、デモ口座二つ用意して、既存のものと、アイデアを加えたものを両方試して、同時に走らせて、最終トータルを比べるというような作業をして初めて検証したといえることになる。

 

それとは別に裁量というのは、個々のトレードに加えるものだ。現在の相場状態や、今までの流れなど、様々なものを考慮に入れ、経験から出てくる直観も含めてルールとは外れた行動をしたり、もしくはリスクを抑えたり、逆にリスク張ったり、トレードを見送ったりする。

これも、最初勝てないうちにやったら、ただの勘だし、全く意味のないものだ。これはある程度経験を積んで、普通にルール通りにやれば、なんとかトントン、もしくは多少のプラスになるレベルになってから加えていくものだ。

そして、それを採用するときも、結局記録として、「裁量」を入れなかったときと入れた時でリアルタイムでトータルで比べて改善が見えた場合のみ裁量を取り入れていく。

 

このようにして出来上がったトレードルールは、そうそう効かなくなることはない。自分自身がもうルールの権化と化しているからだ。

それでも、こういいう作業を繰り返して得たルールを2,3は分散して持っておく。

それを地道に行うことで、安定した成績を残せるトレーダーになっていく。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら