あまり俺は、引き寄せの法則だとか、信じれば夢はかなうだとか、そういう甘い考えを好きになれない。

巷には、自分が金持ちだと信じていれば金持ちになれる、だったり、願えばその通りのものが現実に自分のところにくる、だったり、もはや宗教だろというようなことが流行っている。

俺自身はこういうことをしたことがないので、効果の検証をしようがないから否定も肯定もしないが、あんまり個人的な心象としては、好きではないというのが正直なところだ。

 

おれは、金持ちになるには、「トップダウン」しかないと思っている。

別に金持ちとかに関係なく、俺の目標設定の立て方なんだが、基本的に「どうしても達成したい目標」をゴールにすえて、それを自分の現状を鑑みて、論理的に過度の飛躍なしに可能にするにはどうすればいいかを考えていくのだ。

たとえば、「10億稼ぐ」を目標にしたとする。

その場合、300億を30%で回して、その報酬に10%強もらえるファンドに勤めればいい、となる。

では、300億円以上現状で一人で管理しているマネージャーがいて、かつバック率が10%以上、そして30%年間で大きな玉をさばきながら勝てるルールをもつ必要が出てくる。

では、今自分に足りないものを埋めていくにはどうすればいいのか。

1000億円規模でやっているファンドの情報を集めて、その中でバック率の高いところを調べて、片っ端からアタックしてみる。

30%年間とれ、かつ大きな玉をうごかせるような、スイングトレードのルールを検証し、身に着けていく。

 

となると、自分がアプライすべき場所、経験すべきこと、そして勉強すべきことなどがどんどんと具体的に浮き彫りになってくる。

そして、それを100%埋められるってのは基本的に天才でないとできないが、頑張れば60%くらいは現実にできるのが人間の底力というものだ。(自分で可能と思える範囲で目標からドロップダウンしていくのがミソだ。例えば目標が、マイケルジャクソンのようなアーティストになる、になると、今の俺ではあまりにもありえな過ぎて、目標をドロップダウンさせていく意味がない)

 

大切なことは、目標は背伸びするということだ。なぜなら、60%程度しか実現できないから。背伸びしないと、結局目標より低い水準でしか達成できなくなってしまう。

(例えば、俺は東大に、理1でトップ30以内で入ることを目標に勉強した。結果は120位くらいだったので、まぁこんなもんだ)

でも、背伸びしすぎてほぼ空想の世界になると、今度は現実感がなくなり、目標を立てた意味がなくなってしまう。

 

結局目標ってのは、常に頭がそれを可能にする最適な道を見つけるほうに働き続けさせるために必要な養分だと思っている。

なので、思っているだけで、何も考えず何も行動しなければ絶対に成就したりはしない。

 

確かに、成功者は皆運がいい。しかし、同時にみな「本気で努力」をしている、あるいはしてきた。

何にも考えず、ただ毎日自分は成功すると信じていただけで成功した奴を見たことがない。運は引き寄せないとダメだが、それを引き寄せるための努力というのはやっぱり抜かしてはいけない大切な要素だと思う。

 

そういう意味で、スピリチュアルなものに頼るのは危険だと俺は思ってしまう。引き寄せの法則とかを聞くと、中身を知らないので敵を作るかもしれないが、少し甘えのように感じてしまうのだ。だから好きになれない。

もし俺の考えているようなものと違うのであればすまない。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら