トレードで起こる矛盾ってのはいくつもあるが、重要なものの一つに、「正しい側にいないといけないが、正しくあろうとしてはいけない」というものがある。

まぁ、つまり期待値プラスの売買ルールは持たなければならないが、個々のトレードに固執してはいけないっていうことを言い換えているわけだ。

期待値プラスのルールってことは、一つ一つのトレードはわからないが、基本的には正しい側、勝てる側に自分が継続的に属すことができるルールがあるということだ。これがないとそもそもトレードはお話しにならない。

 

だが、一つ一つのトレードは、確率論なので、勝てるかどうかはやってみないと分からない。そして、そこに思い入れがあり過ぎると、ナンピンしてドツボにはまったり、塩漬けしてどうしようもなくなったりする。

お金を失うという痛みも相当なものなのだが、間違いを認めるという痛みもそれ相応に相当なものなのだ。

特に自分が売買ルールをもつと、とたんに自分はトレードでつねに正しくあることができると勘違いしてしまいがちだ。

そうなると、個々のトレードで負ける=自分が間違っている ことが絶対的に許せなくなり、そのトレードに固執したり、もしくは自分の売買ルールが信じられなくなる。

 

いつも正しくあろうとしなくていい。トータルで正しい側にいればいい。

でも、誰もが一度はこのジレンマを通るもんだ。そして、この時期を苦しんで耐え抜いて、脱皮した奴が次のステージに上がれるわけだ。

だから、今このジレンマに陥っている奴は、自分は正しい道を歩いていると、安心すればいい。焦ると結局身を亡ばすからな。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら