さて、トレードチャンスを待つまでの間は、今まで話したきたように、様々な使い方がある。

1分足を使った練習、様々な通貨ペアを使った分析、果てはブログ見たり、トレード本を読んだり、youtubeみたり、いろんな使い方があるだろう。

さて、もう一つ、面白い使い方がある。それは、”指標発表予想”だ。

 

ファンダメンタルズの代表格である、経済指標だが、これを使ったトレードというのは、実は簡単そうで難しい。

それはなぜかというと、普段のトレードが”値動きをあてる”だけなのに対し、経済指標トレードは、”指標をあてる”のと、その指標結果をうけた”値動きをあてる”の2段階があるからだ。もちろんトレードは、指標が良かったら通貨があがる、とかそんな単純な方程式でないことは誰もが承知だろう。

しかも、その時々のボラティリティや、ポジションの傾きによって、指標前のボラや、指標後の動きはかなり変わってくる。はっきり言って、これができりゃぁFXトレーダーとしてはかなりいっぱしといっていいくらい、難しいトレードだ。

俺がおすすめするのは、そこではなく、”経済指標そのもの”をあてるゲームだ。

 

経済指標ってのは、単純にランダムで数字が出てくるわけではない。特に、大きな指標になってくると、今まで過去出た指標が先行指標だったり、モデルの変数だったりして、論理的にあてに行く楽しみを持つことができる。

 

FXの値動きとは直接は関係ないが、経済指標を分解して、その要素要素が今どうなってきたのかを調べて、自分で次にでる指標を予想していく、というのはトレードとかなり通じるところがある。

そして、もし自分に才能があり、指標をかなり高精度であてることができるようになったら、指標トレードへとそのエッジを活かしていけばいい。はっきり言ってリスクは高い分、リターンは大きい。

 

FXで勝つのは何度も言うが簡単ではない。勿論、売買ルールを手に入れて、その売買ルールが効いているうちはいいが、いずれドローダウン時期がきたり、もしくは全くルールが効かなくなる可能性もある。

常に勝っていけるトレーダーと、そうでないトレーダーの違いは単純で、つねにトレードアイデアを自分で発掘できるかどうかだ。

指標ってのは永遠にある分、一度つけてしまえばそのエッジは長く機能する可能性が高い。

 

俺は高精度で予想できなかったが、こういうのも含めて、試してみると面白いかもしれない。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら