今日は昨日の夕刊の話で、ちょっと久しぶりに毒はくので嫌な人はスルーで。

 

 

昨日夕刊にFXの話が載っていた。またFXを悪者に仕立て上げた記事か、、と思いながら読んでたんだが、本当に読んでてあほかと思う記事だった。

まず、めちゃくちゃ元も子もない話をするんだが、投資なんて、貧乏人はしても意味ない。

これ言っちゃうと結構な人間を敵に回すんだが、現実なんだから仕方がない。

 

例えばなけなしの貯金が1000万円あったとしよう。これを、普通に株や債券や投信や、いわゆる”プラスサム”とかいわれる投資に回したとして、年間いくらリターンがあると思ってるんだって話だ。

5~10%が関の山。勿論マイナスになることもある。ということはだ、50~100万円のために毎年自分のなけなしの貯金を投資に回すのかって話だ。それこそリーマンショックきたら価値が半分とかになるのにだぞ?

50~100万でどうやってくらすんだよ。つまり、1000万円程度の貯金しかできない貧乏人は、所謂世間一般の”お偉いさん方”がいう投資なんてものは、何の意味も持たないってことだ。むしろ資産をリスクに預けることによる精神的負担はある意味50万円より上じゃないかと俺は思う。

 

あんなもんは資産5億あるやつらがやるから意味があるんだ。じゃあ貧乏人はどうすればいいのかって?

 

そのためにFXとか、個別株とか、コモディティーとかがある。

これをやれば、資金効率はうまい奴で年間100%を超える。夢のような話だ。まぁ、フルレバでそこまで資産が大きくならないうちはこれくらいは可能だ。んで資産おっきくなったらお偉いさんの投資をすればいい。

これができるから、貯金がしょぼい貧乏人が投資をする意味がでてくるんだ。

何度も言うが、貧乏人が分散投資とかしても、全くもっっって意味がない!そんなことしてる暇があるんだったら働けって話だ。貧乏人はそうやって投信会社とか証券会社の人間を手数料で食わせてやってるにすぎないんだよ。

 

じゃあみんなFXをやればいいのかというと、それも違う。

”スマホ片手で勝てるような甘い世界ではない”と記事には書いてあったが、そこは同意だ。

何年も血のにじむような努力をして初めて、成功できるのであって、決して甘い世界ではない。

もうこの世界の厳しさはさんざんっぱらブログで書いてきているので、改めてここで強調はしないが。

 

つまり、覚悟のあるやつはFXや株のデイトレなど、資金効率のいい投資をしてギャンブルをする。覚悟のない貧乏人は何もしない。そして、金持ちはお偉いさん方の投資でもしておけばいいんだ。

あと、株やってたらプラスサムとか思ってる馬鹿は信用すんなよ。超長期保有以外どの金融商品をトレードしたとしても、それはゼロサムだ。プラスにはならん。

それに、長期保有だとしても、そのプラスは長年もってりゃ手数料と相殺されるレベルにしかならんので。

 

このサイトに来ているんだから、覚悟のある貧乏人なんだと思う。

俺も、5億も資産ないので貧乏人だ。税金というシステムにお金を取られながら日々運用している。(俺の場合トレードにたいする報酬が給与所得なのでいっぱい税金取られてきたんだよ)。

でも、そんな貧乏人が夢を持てる数少ない場所でもある。

だから、やめられない。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら