テクニカル分析だけで相場に勝つのは難しいとよく言われる。

ファンダメンタルズ分析だけでも勝つのは難しいともいわれる。

だからテクニカル分析とファンダメンタルズ分析を組み合わせるべきだ。という結論。

 

俺もそうだし、はっきりと言わせてもらうと、テクニカル分析だけでトレードは勝っていくことができる。

ファンダメンタルズ分析だけでも勝っていける。そしてそれはFXだろうが、株だろうが、関係ない。

 

そもそも、何々”だけ”と聞くと、何か悪いことをしているように聞こえるが、色々なことを中途半端に勉強するよりは、一つのことを極限まで極める方が、よっぽど相場の世界ではエッジがある。

そもそも、テクニカル分析というと、なんかみんな同じものを使えば完全に再現性があると思われがちだが、全くそんなことはない。

テクニカルで勝ち続けるということは、自分だけがわかる感覚が身につくということ。その前提となっているインジケーターやチャートの基礎分析には再現性があるが、トレード自体には再現性はない。

ファンダメンタルズ分析も、情報の取捨選択、感度、そして情報を取得するスピードなど、様々な部分で、皆が同じことができるわけではない。

 

どんな分析を使おうが、必ず再現性のあるレベルと、それを超えたレベルってのがある。その、再現性を超えたレベルにしかアルファはなく、そこに到達しない限り相場で継続して勝っていくことは不可能なのだ。

 

誤解されがちだが、俺がいつも言う検証ってのは、ただ売買ルールの記録をとるためだけのものではない。

時々の値動きの癖や、心理状態、チャートの全体の形などから何かインプリケーションが得られないか、何か明文化できない感覚を養えないか、と日々努力することを検証という。

確かに、数値的な改善、再現性のある改善ができる時もある。だが、それはメインではない。それはともすれば、カーブフィッティングに陥っていく可能性もあるからだ。

 

検証をすることで、その時のマーケットの空気を思い出し、自分の中でなんども反芻することができる。そこから、他の人が気づいていない感覚的な”何か”に気付いていかなければならない。

 

それが、トレーダーとして一端となった瞬間であり、目指すべき到達点だ。

ただ、勿論初心者の頃からここを目指しても意味はない。物事には段階というものがある。

まず、期待値プラスの売買ルールを手に入れ、それをもって自分が売買ルールに習熟していく。そして、自分だけの道を究めていく。

勿論その売買ルールは、ファンダメンタルズベースでもいい。

 

それが、守破離というもので、ここまでいって、やっと勝てるというものだ。

~”だけ”だと勝てない、のではない。ただただ未熟者なだけだ。

そんな奴が、ファンダメンタルズを加えたり、少しテクニカルを加えて、何のエッジになるというのだろうか?

未熟者が未熟な武器を増やしても、勝てないことは明白だが。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら