トレードアイデアを考える時は、なぜそのトレードアイデアが効くのかを徹底的に考えなければならない。

理論的に、完全に勝てると断言できるようなアイデアを作る必要はない。

必要なのは、そのアイデアに対して、強みと弱みを事前に理解しておくことだ。

 

トレードアイデアがなぜ実際のトレードで使い物になるのかを考えることは、自分のトレードアイデアを信じることにつながる。

勿論、トレードアイデアをどれだけしっかり考えたところで、マーケットの世界に正解はない。

マーケットの世界ではそれを測る手段は結果でしかなく、まぁ気休めに過ぎない部分はある。だが、少しでも理論的な拠り所があった方が、安心しやすいことは確かだ。

 

だが、もっと重要なのは、そのトレードアイデアの、理論的な弱みをしっかりと把握しておくことだ。

どんどんトレードアイデアを具体化していくうえで、突き詰めていくと、必ずその理論の弱みが見えてくる。

そしてその弱みをしっかりと把握できれば、ストップや、リミットのアイディアにつながったり、相場の環境認識につながったり、ともすればそのアイデアを逆手に取ったトレードアイデアも考え付くことができる。

 

そうやって、色々なアイデアを出して、その中で実際に使えるアイデアなんて、10個出たら1個あればいい方だ。

だが、そのアイデアを出す度に、深くマーケットに対して思慮を巡らせることができれば、そこから得られる知見は必ず今後のトレードに無駄ではなくなる。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら