さて、ビットコインの時価総額が前回の段階で1兆2千億円程度という話をしたのだが、今回は、これをもう少し深堀していく。

世間はビットコインやら仮想通貨やらフィンテックやらで騒いでいて、さもビットコインは新時代に必要不可欠なツールかのように宣伝されている。

ビットコインはこれからもっともっと伸びる、さぁみんなビットコインに投資しよう!と言わんばかりのばか騒ぎだ。

 

さて、本当にそうなのだろうか?

そもそもビットコインの時価総額、1兆2千億円ってのを聞いてどう思う?おお、多いなぁ、と思うか?

もしこの時価総額が大きいと感じたなら、今度はこういわれるとどうだろうか。

 

大体ビットコインの時価総額は、JALや、JR西日本、アイシン精機などと同じくらいだ。

 

日本だけでなく、世界中で騒がれているビットコイン。そのグローバルビットコイン様の時価総額が、アイシン精機と同じって、これ、小さすぎないと思いやしないかい?

 

つまり、なんだかんだいって、みんな外野では騒いでいるが、ほっとんどの人間がビットコインにはまだ投資していないってことだ。

これを、伸びしろがめちゃくちゃある、ととらえるのか、このまましょっぼーい趣味のレベルの話で消えていくだろうととらえるのかによって、ビットコインに投資すべきか否かの判断を下すことができるわけだ。

 

勿論、将来の行方はだれにもわからない。このままビットコインは小国日本の一企業と同じレベルの時価総額で、衰退していくのか、「ユーロドル、ドル円、ポンドドル、あとはビットコイン」といえるくらい成長していくのかは、誰も予想することができない。

では、現時点でその確率がどちらが高いのかすら予想できないのだろうか?

 

投資において大切なのは、期待値であることはトレーダーならもうお分かりだと思うが、その意味では、「どれくらいの確率でビットコインが衰退せず」、「どれくらい伸びていくのか」の2つの材料がなければ投資判断は下せない。

 

次回は、まず「どれくらいの確率で残るのか」というところを、詳しく考えていきたいと思う。

 

さーて、そんなこんな言っているが、口座開設するだけなら簡単だ。俺への授業料のつもりでさっくり開設したまえ皆の衆。


bitflyer 口座開設

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら