さて、今まで話してきた中で、ビットコインを投資対象とするとき、どのように考えればいいかを最後にまとめていきたいと思う。

まず、中長期で保有する、いわゆる投資と考えた場合。

俺は、ビットコインがこれから残っていく確率は、かなり高いと考えている。その理由はこれまでの記事で語った通りだが、個人的には9割方残っていくと考えている。

だが、ここでは割り引いて7割と考えよう。

 

そして値幅だが、前回かなり小さく見積もって4倍のアップサイドがあるという話をした。

現在bitflyerで扱われているビットコインの取引価格は以下の通り。

1

 

期待値を計算するのであれば、アップサイドは4倍になるわけなので、+213,804円。ダウンサイドはビットコインが0円になるので-71,268円。

ということは、213,804×0.7 – 71,268×0.4 = +121,155円 となり、期待値がプラスであると考えられる。

勿論、これは個人個人の頭で考えて自分にとっての期待値は計算してほしいが、期待値がプラスであればトレーダーとしては投資対象に入ることは明確だろう。

 

ただ、この場合考えなければいけないのは、「失う絶対額」であり、いくら期待値がプラスだとしても、価値が0になったときにどうしようもないくらいのお金を失うというのはあほのやることだ。

なので、自分の中で「これは失ってもいい」と思える程度の額を、今から長期投資でビットコインに投資していくことは、かなりリーズナブルな投資だと考えることができる。

 

よし、投資はいいことが分かった。

だが、ここに来ているのはほとんどがFXトレーダーだろう。トレーダーたるもの、投資なんて眠たいことは言ってられない。

実際にビットコインをトレードできるのだろうか?それこそ、俺の売買手法が機能するようなマーケットなのだろうか?

 

次回は、簡単にビットコインでのFXトレードに、今までのトレーディングルールなどが適用できる可能性があるのか、というところを実際のチャートを用いてみていきたいと思う。

 

 

さーて、そんなこんな言っているが、口座開設するだけなら簡単だ。俺への授業料のつもりでさっくり開設したまえ皆の衆。


bitflyer 口座開設

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら