日銀の追加緩和に対して期待がまたこれからされていくと思うが、そのハードルは思ったよりも高い。

マイナス金利幅拡大や、しょぼい国債買い入れくらいではマーケットは結局いってこいで影響がない可能性が高いだろう。
そこでインフレ期待を促進し、円安誘導をしていく上で現在だんだんと期待値があがっているのが、日銀の「ヘリコプターマネー導入」」期待だ。
ちなみに、ヘリコプターマネーを厳密に行うことは日本では法律上できないし、現実的に厳しい。
だが、マーケットの円安誘導という観点でみると、もうこれくらいしか日銀がやれることはない。
ちなみに、マーケットは日本の財政健全化などに興味はない。所詮メインプレーヤーは海外の外国人。
奴らは「もっと日本は無責任になるべきだ、でないと円安にはこれ以上はならない」とずっと言っている。財政健全化など考えずむちゃくちゃに緩和して、むちゃくちゃにしろってことだ。
まぁその是非は今回はおいとこう。とりあえず、今日の主題は「ヘリコプターマネー」だ。
そもそも論として、これをちゃんと意味を理解している人はかなり少ないのではと思う
ということで、今日は「世界一わかりやすいヘリコプターマネー」講座だ。もちろんわかりやすくするために、厳密な論点は意図的に省いているが、外観さえつかめればトレードには十分だ。
さて、ヘリコプターマネーってのは、わかりやすくいえば、マネタリーベースを永続的に維持した金融緩和のことだ。
いま金融緩和はばんばん国債を日銀が購入して金をばらまいているわけだが、これは永続性はない。どういうことかっていうと、いずれ、その国債は償還されるわけで、これは言い換えれば政府の借金であり、いずれは政府は借金を返さなければならない。
そのためには、将来的に増税をして、国債償却分をねん出しなければいけないわけだ。その時に増えたマネタリーベースは減ることになる。
これは将来世代へとつけをどんどんまわしていく日銀と政府がタッグを組んだ金融政策でもあるわけだ。
対して、ヘリコプターマネーってのは、国債が増えた分、マネーも刷って、増えたマネタリーベースをもう一生減らさないというものだ。
つまり、償還する分のマネーをもう刷っているわけだから、いわば、借金してるけどその分のお金を同時に持つわけであり、結果的に借金せずにお金をばらまいていることになるわけだ。
本当の意味でお金をばんばん刷って、マネタリーベースを増やし、それをもう一生減らしませーん、という政策、これがヘリコプターマネーの本質だ。
今の金融緩和は、ヘリコプターマネーではない。マネタリーベースの永続的維持に対する約束は、まったくされていないからだ。
少し長くなったので、次回に譲ろう。次回は、具体的にヘリコプターマネーを導入するのに日銀がとり得る具体策と、そのデメリットを話して行こうと思う。
ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら