トレードをしていて、あぁ~またやっちまった~っと後悔するパターンで多いのは、動きが出ているところでの飛び乗りだろう。

動きがゆったりで、じりじりしているときってのは、たとえいいチャンスを逃したとしても、あまり記憶に残らないことが多い。
だが、動きの速い相場ってのは、もうそれだけで魅力的に映るものだ。そして強烈に記憶に残る。
だから、動きの速い相場で、エントリーしたいという気持ちを抑えた結果相場が自分の思った方向に進んだ時の悲しみってのは、かなりふつうの人間には精神的にくるものだ。
だが、不思議なことに、素人の時に、「よし!とびのれ!」とおもって飛び乗った結果はたいていがロスカットになる。
勿論たまには勝つこともあるが、圧倒的に負けで終わることが多い。それはなぜか?
単純な話で、トレーダーとして成熟していない人間にとって魅力的に映る場所ってのは、リスクリワードの低い場所だからだ。
プライスアクションの代表的なもので、セリングクライマックスや、バイングクライマックスというものがある。簡単に言うと大陰線だったり、大陽線だ。
で、素人のうちは、これが出ないと安心して入れない。
大体動きが出始めたときから、ばばばっと動いて、大きなローソク足が出てやっと安心することができる。
だが、そこは勝っている側にとってはめちゃくちゃわかりやすい利確ポイントでもある。そしてそこからさらに追撃はしない。追撃するならモメンタムにはのらない。
なぜかというと、リスクリワードが低いからだ。
異常に動きがあるときってのは、大抵が順張り方向に動いているので、そこで魅力的に映るトレードは損切りのポイントが遠い。じゃあどこまで伸びるのかって調べると、微妙なことがほとんどだ。
それで、負けたり勝ったりして一喜一憂し、ギャンブルの快感を味わって、どんどん資金が減ることになる。
そうしたトレードも最初は勉強だからおおいにやるといい。
ただ、大切なのは毎回記録をとることだ。
どういうときに勝ってどういう時に勝てないのか。その時の自分の心理状態はどうだったか。
その結果、有意なルールを見つけ出せるかはわからない。大抵徒労に終わるだろう。
でも、もし一つでも見つけ出せれば、その努力をした甲斐は大いにあるというものだ。
ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら