さて、質問をもらったのでそれに答えていきたいと思う。

引用ここから

貴殿のブログ非常に為になり、
かつユーモアセンス抜群のため
何度も読み返し、実践に臨んでおります。

私自身はfxをはじめて、
2ヶ月の初心者ですが毎日デモトレードに
明け暮れています。
実弾は一年後投入致します。

さて、ここからの質問は受け付けない様ですが、
公開されているブログでの内容ですので
質問させてください。

貴殿の手法の一つである
節目でのブレイク又は押し戻り狙いですが、
こちらで「ストップにつけに行く」ということを
話されていますが、これは予想されるストップ付近にて
指値注文を入れるという認識で宜しいのでしょうか。

それとも、チャートを眺め、その付近に来たら成行注文を出す
ということなのでしょうか?

どちらでも同じとも言えますが、
この場合、月光様は、指値と成行
どちらを使っておりますでしょうか?
※なぜこのような事を聞いたかと言いますと
  ストップをつける=例えばピンバーの髭部分狙いなのかと
  思ったからです。
  そもそも、この認識は違うのでしょうか。

又、検討しているメルマガの内容に関する質問なのですが、
貴殿のメルマガはミストレードも配信されますか?
それとも全て成功トレードのみでしょうか

不躾ではございますが、
何卒、ご解答宜しくお願い致します。

引用ここまで

 

ストップのヒゲを狙うのではなく、まず、ストップでヒゲがでることを確認して、そこで自分が狙っている方向にエントリ―している奴が沢山死んだことを確認する。

そして、自分と逆方向にエントリーして、値が走ってほくそえんでいたやつらが、ヒゲになってあせっているところを追撃したいというのが、このルールにおけるポイントだ。

なので、俺は基本的にこういう時は成り行きだ。

本当にチャンスというか、このルールが機能するときは、その逆方向にエントリーしていたやつらが「やばい、やばい、早く切らなきゃ」と焦るからこそ機能する。

そんな焦っている奴らは、ちょっとでもいい所で損切りしたいなんて思わない。早く切らないと大変なことになるという焦りで、バンバン成行で決済する。

だからこそ値が伸びる。むしろ、こういう時にいったん自分のエントリーしたかった水準まで戻ってしまうってのは、あまり狙っていたところにストップが集まっておらず、誰も焦っていないということを示す。

こういう時のそのトレードの成功確率ってのは格段に低くなる。

チャンスの時は、指値では基本的に間に合わない。なので、成行で一気にいくってのがルールになる。

そもそも、プライスアクションを基本としてトレードをしていく場合は、エントリーするときの値段の水準というより、値段ができるまでの過程が重要になるので、指値で入るということは基本的にないと考えてもらいたい。(勿論これは、デイトレードは指値ではやらない、ということではなく、プライスアクションを最後の起点としてやるルールの場合は、大抵指値は使わないということだ。使う時もまれにあるが、かなり稀である。)

 

最後にメルマガだが、これは俺が実際にやったトレードを配信することになるので、負けトレードや引き分けトレードも沢山ある。というか引き分けのトレードが引くほどあることに気付くだろう。

なので、結構収益の出方が地味ってことにも気づいてもらえると思う。安定して月単位でプラスってのは毎日安定して勝のではなく、ががっと稼いで、横ばいが続く、いわばチャートのようなイメージを持ってもらった方がいい。

ということで、参考になっただろうか。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら