運という言葉はあまり好きではない方だが、この職業についてから、なにか運を意識するようになった。

オカルトじみているかもしれないが、確かに運の流れみたいなのは存在すると考えている。

なんか朝から何やっても上手くいかない日や、嫌なことがあって意気消沈している日は、やっぱりトレードも上手くいかないことが多い。

いわばトレーダーってのは相場師であり、毎日張って生きているわけだから、運を意識するってのはプロとして当然の行為ではあると思うわけだ。

 

だが、運は自分でコントロールすることはできない。

勝負事の前にルーティーンではないが、何かきまったことを習慣づけても、それが習慣になった時点でもう運を引き寄せる特別な力はなくなってしまう。

俺は、運を上げる努力より、運がMaxの時を感じとり、勝負にいく努力をしている。

 

だから、自分が常にいま運の波のどの位置にいるのかってのは、把握しておいたほうがいい。データをとったりするのではなく、おぼろげながら感じておいた方がいい程度のことだ。

普段となんか違うなー、運がいいなーわるいなーみたいな感覚ってのは、大抵真実なことが多い。

そういう時に、自分のトレードに対するポジションを上下させたり、感覚的なエントリーをしたりつつしんだり、変化をつけると、大きくトレード成績が変わることは十分に考えられる。

 

俺は基本的に運が良い方だと思っている。自分が本当に必要なときに、必要なものを与えてくれる人がいたり、手助けしてくれる縁が人生の節々にある。これはもう純粋な運だと思っていいと思う。

だが、普段は運の波が別にどちらかに大きく偏っているような人生ではなく、いたって普通に強弱の波がある人生だ。

だからこそ、日常の産物であるトレードは、その運の雰囲気を敏感に感じ取り、取り入れることで、大きく改善していくと考えている。

 

まぁ、これは俺の勝手な思い込みにすぎないのかもしれないが。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら