世の中には、エントリーしたらもう相場を見ないで、損切りのストップとリミットだけ入れてどこかに行った方がいい、という人たちが一定数いる。

ほんとのところ、これはどうなんだろうか?
俺は、始めたときからずっと機関でトレードしているので、常にチャートを見ているのが当たり前だった。
株ファンドでポートフォリオ管理している今でも、プロップでやるFXのチャートは常にだし、ポートフォリオ管理シートもリアルタイムで当たり前だが常に見ている。
俺は個人的には、「本気で儲けたいなら、場中にチャートを見ないのはあり得ない」と思う。
俺はFXの自分の売買ルールも、基本的にチャートを見続けないとできない。(ストップの置き換えなど)
それに、その時の相場の雰囲気で、直観的にエントリーしたりエグジットすることも多々ある。
こういう部分が自分の「半分機械的なルール」を超える成績を出すために必要なことであり、これがないと、凡庸な成績がさらに凡庸になってしまうだろう。
それに、常にチャートを見て、何かを考えること自体が、勉強になり、経験になる。これは過去チャートをただただ分析しているだけでは絶対に身に付かない。
過去チャートだけ1年分分析するのと、リアルタイムで頭をフル回転させてチャートを見続けているのでは、同じ1年でも雲泥の経験値になるだろう。
なので、早く成長したいなら、過去チャート分析は当たり前として、リアルタイムでチャートを見続けて、存分に経験値をためなければいけない。
だが、これは、「専業」とか、「機関投資家」ならそうだという話で、兼業で自分のペースでという話だと、チャートを見ないことが一理ある可能性もある。
ちゃんと自分のトレードを記録・検証し、過去チャートを分析し、ルールを改善できるのであれば、むしろ場中にみることであれやこれやといろいろなことを考えてルールを逸脱するよりは、ましな可能性も否定できない。
実際、NY時間の俺の個人口座でやる今ためしているトレードルールは、早く寝たいので、ストップとリミットを機械的に入れれるルールにしている。
一応トータルプラスで推移しているが、でもやはりロンドン時間を利用した普段のトレードルールには成績は足元にも及ばないのが現状だ。
なので、専業とか学生とか主婦とかで、時間があって、本気で稼ぎたいと思っているなら、場中もチャートをみることをお勧めする。
そうでないなら、見なくても、ちゃんとトータルプラスにできて投資として安定させるこは可能だ。(勿論検証と改善は続けるのは当然として)
ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら