トレードでうまくなっていくには、必ず自分が今見ているものは事実なのか自分のアイディアなのか、区分けしながら考えていく必要がある。

例えば、テクニカル分析ってのは統計的にそれが優位に働く状態をみつけて、その状態にベットしていくわけだが、検証して期待値が正なら、その状態においてそのテクニカル分析が優位だったということは事実なわけだ。

これが、今後も使えると判断するためには、そもそもの前提条件として、”この状態での優位性が続く”ということが必要になる。

なので、その優位性が続くかどうかの判断のために、そのテクニカル分析がなぜ過去のある状態で優位だったのかを理由づけしていくことになる。

この部分がなくてもセンスがよければ勝てるっちゃ勝てるんだろうが、俺はチキンなので、ちゃんと自分で背景を考えて、それが長期的な優位性なのかどうかを自分で納得できないとベットできない。

 

で、ここで色々な理由を考え付くのだが、それは、大抵の場合”アイディア”に過ぎない。

たとえば、「マーケットの売買代金が大きく、流動性が桁違いなため、一度できたトレンドはそれを崩す力が相当必要なため、長く続きやすい。だからトレンドフォローがFXの基礎だ」

という議論は、マーケットの売買代金が大きく流動性が桁違いという部分は事実だが、トレンドを崩すには力が必要だという部分はアイディアに過ぎない。

売買が成立するには基本的に同数の買いと売りが必要で、これが活発=反発させるのが難しいとはならない。

ポジションの傾きがだんだんとできてきて、節目節目でさらに新規のトレンド方向の注文がしっかりできる資金の余裕がトレンド側にある、という場合はこれがほぼ事実になるだろう。

ポジションの傾きが急激になり、かつ資金の余裕がなくなると、ストップがストップを呼ぶ大リバーサル相場となることになる。

なので、トレンドフォロワーは、別に毎日というわけではないが、その前提条件であるポジションの傾き位は何かでチェックした方がいい、ということになる。(なかなか公開情報が為替はないので、OANDAがベターな選択肢にこの場合なる)

 

このように、何が事実で、何がアイディアで、そのアイディアを支える事実は何か、と深堀していくと、自分のトレードの優位性が今保証されている状態か、もしされていないならどのように変化すればいいのか、もしくはいつまで待てばいいのか、等長くトレーダーをやっていくうえで必ず有益な情報を得ていくことができる。

めんどくさいとは思うが、まずはまっとうにこういう思考トレーニングを重ねていくといい。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら