来週から怒涛の決算期シーズンなので、株の方が忙しくなる。

株のファンドではまだ勉強中の身なので実際には動かしていないんだが、基本的にファンダメンタルズベースなので、なかなかやらなければいけないことが多い。

ただ、最近の相場ではFXのテクニカルを応用した純粋なテクニカル分析に出来高・カタリストを足したものが一番パフォーマンスが良いので、やっぱり為替もやっていてよかったなぁと思う。

 

結局、為替も株も先物も、最終的に需給の結果がチャートに出てくるという面では同じになる。

だが、それぞれもちろん癖もあるし、為替は大分つかめているが、そういう特有の部分をしっかり押さえていかないと継続的に利益を上げることはできない。

 

例えば最近の任天堂株は、俺は25,000円で利確したんだが、エントリーが大体16,250円くらいだった。

これは、その前日出来高がいつもより大きくなって上昇し、その時が丁度いいサポートラインでwbottomが完成しそうになっていて、かつカタリストにポケモンGOがあったので、いいエントリーポイントだと考えたわけだ。

勿論この段階ではポケモンGOにここまで相場を押しあげる力があると思っていなかったし、イメージとしては、2ヶ月くらいを最大保有期間として20,000円位を目指すトレードのはずだった。

だが、翌日一気に寄付きから20,000円を超えていき、あれよあれよとかなりいい高値の25,000円になったので、たった3日で60%程度のリターンのいいトレードができた。

その後30,000円を超えてきたが、今後どこまで伸びるのかは俺には見当がつかん。ただ、また押し目があったら基本的にはロング目線でエントリーしていきたいと考えている。

 

これは、出来高やカタリストの部分は為替とは違うつけたしの部分だが、エントリーに至るチャート分析はもうFXでの自分のルールの時間軸を伸ばしただけのバージョンだ。

ただ、逆に株だと出来高とかカタリストの部分がないまま自分のチャート分析だけでエントリーすると、あまり上手くいかないことがこの何ヶ月かで分かってきた。

 

うちはマーケットニュートラルが基本なので、ロングとショートのネットエクスポージャーをほぼ0にしなければならないのだが、俺は片張りでロングとショートを組み合わせたりもする。

そしてこのストラテジーのパフォーマンスが4~6月とてもいい。やはり色々なマーケットに振れておくというのは、一つのアドバンテージとして機能していくんだろう。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら