よく直観的なイレギュラーなトレードを今でもやるんだが、それは、どちらかというとルールにのっとったイレギュラーなトレードだ。

どういうことかというと、基本的な相場観や、環境の認識、エントリーしたいゾーンに大きな逸脱というものはなく、プライスアクションだったり、時間だったり、そういうところで直観的なものを利用することが多い。
結局環境認識的なところってのはあまり直観がかかわってくるところはなく、その時の緊急の値動きに対して、そういうのが働いてくるわけだ。
だが、直観的なトレードと、”なんとなく入りたい”トレードは違う。
なんとなく入りたいってのは、そもそもの環境の認識の部分から直観が入っていて、これは希望的観測が入ることが多い。
そして、こういうトレードは大抵負けて、大抵悲しい気分になる。
俺も最近までこういうトレードは時々していた。ただ、最近はメルマガでトレードを報告しなければいけないというプレッシャーがこういうトレードを減らしていて、ほとんどしなくなった。
そういう意味だと、自分のトレードの改善にもなっているなぁと思う。
大体こういう”なんとなく”トレードは、普通位のトレーダーとか、真剣に勉強中の初心者を少し脱皮したくらいのトレーダーはあまりやらない。
むしろ、かなりトレード経験の長い、普通にやっていれば勝てる上級者に結構ありがちなんだ。
「自分がこう考えたんだから、いつものように勝てるだろ」的な自信ってのがどうしても時々出てしまう。そんなものは泡のような幻想なのに、ついついそう思ってしまうんだ。
勿論こういう時はポジションサイズは減らすんだが、普段とは違い、感情的なトレードになる。
ギャンブルの感覚というんだろうか。
こういうトレードをするたびに、晩飯をめちゃくちゃ質素にしたりして、自分を律したものだ笑

 

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら