みんな、、おらに元気を分けてくれ、、、元気のランキングポチを・・・・・・!!!


人気ブログランキングへ

 

 

 

オリンピックが終わったねぇ。

さすがにリアルタイムで見る元気はほとんどなかったが、やっぱりオリンピックはテンションが上がる。

卓球の団体なんて、場中だというのに、会社のテレビに皆釘付けで応援していたからな。

オリンピックに限らず、スポーツ選手ってのは、毎日が勝負だし、その構造がトレーダーに似ていると勝手に思っている。

親近感も沸いて、余計に気合いが入ってみてしまうんだよな、、

 

それはさておき、少し過去データを使って、オリンピックと株式相場の関係についてみてみた。

オリンピック関連、というよりは、メダルの色とその選手が所属している企業の株価のパフォーマンスの関係だ。

具体的には、メダルを取った翌日の、対TOPIXのパフォーマンスをみて、ご祝儀相場ってのが本当にあるかどうかを探ってみたわけだ。

 

結論として、銀・銅には何の有意な結果も見られなかった。このメダルの色に関しては、何のご祝儀相場もないってことだろう、、悲しいことだ。

最後に金だが、これは、あきらかに銀・銅の企業群と比べて、翌日のパフォーマンスに影響があった。

中でも、体操のコナミ、柔道の旭化成に大きなパフォーマンスの優位性が見られた。

だが、レスリングのALSOKは、あれだけ金メダルを輩出しているというのに、ほとんど超過リターンは見られなかった。

 

結論として、コナミと旭化成を、また四年後のオリンピックで金メダルを取った翌日の寄付きで勝ってみると、ご祝儀相場の恩恵にあずかれるって感じだな。

しかし、過去5大会ですべて調べるのは思ったより労力がかかったわりに、見合うだけのアルファは見つからなかった。

まぁ、トレーディング手法を見つけていく過程なんてこんなもんだよ。こうやって地道に色々とデータを集め検証していく過程で、時折ダイヤモンドが見つかるってなもんだ。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら