貯蓄から投資へという流れを作ろうと最近政府はやっきになっている。

勿論これはお金の流れとしては美しい流れなんだが、そのために日本はマス層を投資に向かせるしかなくなる。
んで、これが全くうまくいかないと最近投信や証券の業界では悩みの種となっている。

それもそのはずで、投資は貯蓄よりリスクがある。
何故マス層は貧乏人かというと、人生でリスクをとってこなかったからだ。まぁ中にはリスクをとりすぎて貧乏人になってしまった層もいるかもしれないが、基本的にはリスクを避けに避けてきたからこそ貧乏人なんだ。

そんな、「人生=リスクをとらない」という方程式が出来上がっている奴に、よりリスクをとりにいく投資が響くわけがない。

自分ではリスクをとりたくない。安定してそこそこいい生活がしたい。嫌なことがあったら全部上司、政府のせい。

まぁこれがふつうのマス層の考え方だ。投資=リスクを取る=自分で責任をとる、ということなので、結局自分の人生に責任を取りたくないんだよ。

トレーダーをする、自分で事業を立てる。スポーツや芸術で身を立てる、、これらは全て「自分の行動が全て自分に返ってくる」ということになる。

サラリーマンでも、上に上がれば上がるほど、部下の行動、自分の行動ひっくるめて「自分で責任をとらなければいけなく」なる。

まぁ、向上心があって、いっぱしの人間ってのは、「自分で責任をとる」ということになれている。
マス層にいるってことは、結局どこかで「他人に責任を押し付ける」ことに慣れているわけだ。

そんなやつらがどうやってリスク=責任をとって投資なんてできるんだ?
貯蓄から投資へ、、の流れが上手くいかない日本。

それは、日本国民が、無責任で向上心がなくなっていっている傾向にある表れだろうと俺は考えている。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら