トレードそのものも勿論ストレスフルではあるが、トレード以外の部分でストレスを受けている場合、かなりの確率でトレードに影響が出る。

スポーツでもなんでもそうだが、やはりこういう勝負事の仕事は、自分自身が「いいコンディション」でないとどうしても勝てない。

何度もこのブログでも言っているが、システムトレードにせよ、裁量トレードにせよ、自分自身で色々と調整する部分が少ないか多いかの違いであって、全く自分自身がかかわることをせずに勝ち続けることができるような甘い世界はトレードの世界にはない。

 

なので、少なからず自分のコンディションがトレード結果には影響してくるわけである。

一番つらいのは、負けてるときに私生活でも嫌なことが続く場合。

こうなると、ストレスがストレスを呼ぶ負のループになってしまう。

 

チャートをみて、相場状態をみて、今日はチャンスがなさそうだから、無理にトレードせず休もう、というのはトレードやっている人間なら一度や二度は当たり前のようにあるだろう。

だが、同時に自分のメンタル状態をみて、「ちょっと今日は相場から離れよう」となってみる勇気も大切だ。

理想を言えば、「トレードしたくねぇ、、マーケットうぜぇ、、」となるような精神状態でトレードはしないこと。

まぁ俺みたいに職業トレーダーだと、どうしても出社しなければいけない時や、どうしてもトレードしなくてはならない時もあるが、普通はそんなことはない。

 

「トレードがしたい!人生楽しい!」とまではいわないが、ある程度プラスのメンタル状態になった時にトレードをすると、いい集中状態でトレードをすることになるので、結果につながることが多い。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら