さて、普段俺はテクニカル分析を利用して、トレードをしている。
では、テクニカル分析は、本当に意味があるものなのだろうか?

ぶっちゃけた話をすると、テクニカル分析というのは、意味がない。

テクニカル分析は、俺が使うような主観的な分析(チャート分析など)と、客観的分析(騰落率など)でわかれる。

そして、前者は、厳密には客観的な検証のしようがない。
なぜなら、プログラム化することができないからだ。どうしても、裁量が必要になる。
裁量が必要ということは、それは客観的検証が不可能なので、否定も肯定もできないのだ。
なので、意味がない。

では後者はどうか?
これは、システムとして落として、バックテストで検証することができる。
誰でも使えるし、統計的検証もできるし、再現性もある。

ただ、しっかりと検証すると、ほとんどのテクニカルは意味がないことがわかる。
つまり、検証しても超過リターンがないのだ。

ある期間でリターンがプラスというのは実はテクニカルが有効である証拠にはならない。
なぜなら、どんなテクニカル手法も、ポジションのバイアスは消えないからだ。

つまり、そのテクニカルルールがロングポジションを出しやすいのであるなら、もしその時のマーケットが上昇トレンドであれば、利益は出る。
検証の際は、そのトレンドが出ていることによるリターン分は差し引いて考えなければならない。

それを差し引くと、ほとんどのテクニカルルールはポジションバイアスをこえる超過リターンがないことがわかる。

そして、偶然にも超過リターンが見られた場合も、喜んではいられない。
なぜなら、その超過リターンには、必ず源泉である理由があるからだ。
たとえば、株式でいうと、一昔前までは、統計的ペアトレードには超過リターンが存在した。
インデックスの銘柄入れ替えにおける超過リターンも存在した。

今はない。なぜか?それは、皆それに気づき、だれもが我先にとポジションをとっていくことで、そのアルファがすり減るからだ。
そして、すり減りきると、今度は逆の戦略が効き始める。

だが、慣らして考えると、どの戦略も長期的にはアルファが無くなってしまうことがわかる。

なので、客観的なテクニカル分析も、長期でのトレードを考えるのであれば、有効性はないのだ。

では、いったい何故俺はFXで勝てているのだろうか?
一番大きな理由は、結局、トレンドフォロー戦略だから、につきる。

FXマーケットにおいて、過去から、未来永劫、皆がわかっていても絶対に消えることはない特徴がトレンドができやすいという特徴だ。

つまり、FXマーケットはゼロサムゲームで期待リターンはゼロと考える専門家が多いが、それはマーケットのポジションバイアスを何も考えていないことと同義になる。

FXマーケットはトレンドフォローしていくことで、必ずリターンを得ることができる。それは、労働人口の増加に伴う株式相場の上昇もしくはその反対にあたるレベルのマーケットの物理法則といえるのだ。

では、俺のルールは、そのポジションバイアスを超える超過リターンをもたらしているのだろうか?

そう信じたいが、それは科学的に結論付けることはできない。
なぜなら俺のテクニカル分析は、主観的分析に基づくものだからだ。

前に優位性は3つのタイプに分けられるという話をしたが、それが、いうなればアルファの源泉である。

そして、俺はルール作りの際、なるべくそのアルファを得られるように考えてルールを作った。

だが、それは、自分の信念と考えからできたものであり、主観的検証はしているが、厳密な科学的検証はできていない。不可能だからだ。

だが、勝つことはできる。それは、優位性とは別の、FXマーケットの特性である、トレンドを利用したポジションバイアスが存在するからだ。
唯一、そのポジションバイアス、つまり俺のルールにおけるトレンドフォローをつかさどる部分に関しては、科学的検証が可能なので、それを行ってリターンが出ることは確認している。

そういう意味では、ポジションバイアスの部分では、確かに意味のある検定を行ったルールを世に出しているともいえる。
あともう一つ、統計的検証が可能な範囲でのルールの一部分には検定を行い、そこでもわずかながら超過リターンがあることは確認している。それも、今の地政学的な状況が変わらない限りは変化し得ない特性を利用したものだ。

それ以外のプライスアクションとか、EMAとか、BBに意味はあるんだろうか。
自分でずっとやってきて、自分の中ではしっくりきているから使ってはいるが、、

まぁ、そういう部分すら何も検証していない奴らよりはよっぽど優れている自信はあるが、、

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら