どの時間足が支配しているかという質問だが、多分その時の俺のブログの言い回しは適当で(笑)どちらかというと、どのタイムフレームを重視すべきかというイメージかなと思う。

まぁつまり、マルチタイムフレームでなんとか中長期のトレンドと短期のトレンドを追っていこうとするわけだが、エントリーするにしても何にしても、どのタイムフレームでみられるトレンドを信じていけばいいのかというところにつながる。

で、基本は長い時間軸ってのはまぁそのポジションメイクの裏にある資金量を考えると当然なのだが、じゃぁそれだけをやっていればいいのかとなるとまた難しい話になる。

正確には難しい局面が多発するというか。

例えば、日足で勢いよく下降トレンドができていたとして、でも今短期的な調整に入っているとする。
ただ、その調整は今のところ日足でみると、まだまだ余地がありそうに見えるとする。

そんな中で、1時間足でチャートをみると、直近ものすごくきれいな上昇トレンドができているとする。

で、たとえば1時間足のチャートがゆっくり、じりじり、だけども確かに上昇トレンドを描いているとする場合、俺はどちらかというと、日足でのいいポイントにくるまで、そのチャートには触りたくない。

逆に、1時間足のチャートが、ボラティリティ高く、勢いをもって上昇トレンドを描いているとすると、日足のポイントまではどこかでロングエントリーができないかと考える。

それは何故かというと、ゆっくり上昇するということは、ある意味エントリーポイントが希薄であることを意味する。
人は、確かな勢いだったり、確かなパターンだったりに弱く、そういう時はそれまでいくらプライスがあがっていても、エントリーしてしまう生き物だ。

だが逆に、ゆっくりゆっくり対したパターンもなくただじりじり上がっているとき、ほとんどのトレーダーは行動をとれない。

で、勢いとボラがある場合は、チャートポイントごとに、固まってエントリーしているだろうなぁという所が見えるので、そこでの需給面での歪みをついていける可能性がある。

だが、ゆっくりだと、結局買いたい大口がVWAPとかでやっているのが反映されているようなイメージで、その中間ポイントに需給の歪みがなさそうに見える。なので、大体「ここ超えたら本気のブレイク」にみえるチャートポイントがバイングクライマックス、つまり大口が売り抜けて、成りで小口が買ってくるポイントになりやすいので、そこでの動きを待ち構えてから、ショートしたいというのが、俺のイメージになる。

まぁ別に正解はないが、自分のやりたいトレードに対して、今の現状の裏でどんなことが起こっているのかを考えてみて、リーズナブルな理由をつけられるシナリオに対して重要なトレンドを追っていく、というのがいいやり方ではないだろうか。

なので、どの足が支配しているかを見極めるというよりは、「どの時間軸での動きが自分の中で説明がつきやすそうか」を見極めて、そのシナリオにベットしていくと考えればいい。

参考になれば幸いだ。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら