グラウカスやシトロンなど、空売り投資家に対する監視委の態度や、世論の流れを見ていると、やはり本当の意味での市場の正常化、安定化を望んでいる者はあまりいないんだなと思う。

ある意味、FXの世界はかなりマーケットが正常といえる。それは、参加者に対して根源的なポジションバイアスがないからだと思う。

つまり、トレンドフォローによるポジションバイアスはあっても、証拠金取引をしているトレーダーに、ロングとショートに対する偏執的なこだわりがないということだ。

「俺はロング好きだ」「男だったらショートだろ」「別に勝てればどうでもいいじゃん」
多種多様な投資家がいることは確かだが、多分全体としてどちらかを取りたがる傾向ってのはない。

だから、ドル円に対してポジティブな情報も、ネガティブな情報もそれを出す側にとっての違いはないし、ポジティブなレポートもネガティブなレポートも出す側にとって特に精神的に厳しいものでもないだろう。

だが、株の世界では、明らかに「買いが王道」という風潮がある。
参加者全員で慣らすと、明らかなポジションバイアスとして買いに傾いているだろう。
そもそも、FXと違い、空売りするためには口座も信用にしなければいけないし、それに対するコストも結構高くつく。
機関投資家でも、HF以外は基本ロングオンリーが多いし、GPIFなどクジラたちもロングから入る。
情報を出す側も、企業は株価を上げる方向の情報を出すインセンティブが働くし、アナリストも企業との付き合いがあるので、やはり買いバイアスがかかりやすい。

これって、当たり前だけど少し変だと俺は思う。
まぁ非効率性の源泉ってことで、ありがたい話ではあるんだが、本当に市場正常化をしたいのであれば、もっと、「売り」目線からの情報がマーケットに流れてもいいのではないか。

こういうネガティブレポートに限って風説の流布か分析による知見かどっちだ、みたいな議論になるが、そんなこと言ったらよっぽど風説の流布に近いごみのような買い推奨のアナリストレポートもたくさんあるぞ。

まぁ、国として、株価が上がってほしいという気持ちはわかる。
そりゃぁ、ある意味世界共通で国の経済力を表す一つの指標といえるからなぁ。

でも、それなら「マーケットの正常化、安定化」なんていう耳障りのいい大義名分なんて掲げず、「株価が上がるのが国のためなんです、だからネガティブレポート出す奴は嫌いです」と正直に言えばいいのに、、と思う。

どちらかに情報、ポジションバイアスがかかっている以上、マーケットには歪みが出る。その歪みがある限り、正常化・安定化からは遠ざかってしまうわけだが、、

トレーダーとしては、バイアスがある方がいいので別にいいのだけど。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら