売買ルールは、勝つために必要だと考えて、永遠に期待値プラスになるものを机上の空論のように追い求める必要はない。

まぁ最初はしっかりと理論立てて売買ルールを考えていっても、大抵期待値はマイナスになると思う。そんなに簡単にみつかるものでもない。

自分の中でのトレード理論に基づいて、検証と改善を繰り返しながらトレードを続けて初めて自分だけのトレードルールってのが出来上がる。

なので、最初のトレードルールは、まぁつたなくてもいい。そもそもそんなに簡単な世界でないことは何度も言っている通りわかっていると思うので、「相場をより深く研究しよう」くらいの気持ちで気楽にまずはトレードルール構築に向き合えばいい。

でも、期待値がプラスでなくとも、トレードルールは必ず持たなければいけない。

人がマーケットで大負けする時ってのは、決まって、「感情に振り回された」時だ。

大抵多いのが、普段はルールを決めてコツコツやっていたのに、大きな動きに惑わされて、少しでも取りたいと思ってスキャルピングを繰り返していたら、いきなり大きく負けて、それをとりもどすために反対にいれ、また負けて反対にエントリーをして、をくりかえして何度も往復ビンタを食らった後、「なんでこんなトレードを、、」と後悔することだ。

普段ちゃかちゃかやっていると、思っている以上にPLの動きはよくないはずだ。

つまり、勝っても負けても自分が思い描いているような、激しい資産推移にはならない。

だから、もっとスパイスをとろうと、大きなリスクで適当に入って、そこで取り返しのつかない敗北を喫する。

トレードルールは、あまりいいものでなくても、負け方も何も考えないよりはゆっくりだ。
だからこそ、自分がトレーダーとして経験を十分に積むまで、マーケットから退場せずに済むわけだ。

人をほろぼすのは常に過剰で適当なリスクテイク。トレードルールを作るときは、最初は「ひどい負け方をしないため」程度の気持ちで始めていくとすんなりいくだろう。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら