まず、デューカスコピージャパンの透明性を表す大きな特徴として、ECN方式のNDDというものがある。

 

と、この英語表記じゃ何のこっちゃだと思うので、まずは分かり易く、NDDについて話していこうと思う。

 

FX会社は、すべからく大きく分けて、NDD方式を採用している会社と、DD方式を採用している会社に分けられる。

DDとは、ディーリングデスクの略で、顧客の注文を、まずFX会社のディーラーが受けて、そのディーラーがカバー先の金融機関に注文をだして顧客の注文をカバーするという2段階の方式になっている。

つまり、我々エンドユーザーは、知らず知らずのうちに、この方式ではFX会社のディーラーと取引しているということになる。

この場合、ユーザーからの注文をFX会社のディーラーが受けても、そのディーラーがすぐにカバーしに行くとは限らない。

顧客の注文状況をみて、リスクに応じてカバーをとらなかったり、約定拒否なんてこともできる。

 

このDD方式の場合、大きな問題点として、「顧客とFX会社の利益相反」という点がある。

FX会社はカバーのために顧客とは反対の注文をとるわけであり、その結果、単純に顧客の勝利=FX会社の損失という図式が成り立つ。

本来的にはカバーディーラーがうまくさばきながらFX会社の利益になるようにポジションを構築していくのだが、裏で「ストップ狩り」などをされていても、文句は言えないわけだ。

ディーラーという相手を介することによって、マーケットリスクだけでなく、余計な人的リスクも負うことになる。

なので、透明性として大きく欠けるわけだ。

 

では、NDD方式とはなんだろうか。

これは、ノンディーリングデスクの略であり、顧客の注文に対して、機械的にインターバンク市場に注文を流すことでカバーを取る。

ここに、FX会社が介在する余地はない。

つまり、この場合エンドユーザーは直接インターバンクの金融機関と取引していることになる。

 

このNDD方式の場合、先ほどのDD方式とは違い、「顧客とFX会社の利益が相反しない」という大きな特徴がある。

FX会社はこの場合、ただ注文を流すだけなので、顧客の取引数=FX会社の儲けという図式になる。

なので、顧客が沢山勝って、沢山取引してくれれば、その分FX会社も儲かるわけで、利益相反が起こらないのだ。

この場合、ディーラーという相手は介さないので、単純にマーケットリスクだけをとれることになる。

なので、透明性の高い取引ができることになるわけだ。

 

こういった理由から、俺はFX会社はNDD方式を採用している会社をおススメしている。

だが、このNDD方式でも、更に透明性の高いNDD方式を採用しているのが、デューカスコピージャパンの特徴だ。

次回は、究極のNDDともいえる、ECNについて、話して行こうと思う。

 

口座を開設し取引すると、俺の売買ルールの一つについて詳細に解説したスペシャルレポートが無料でもらえる。
レポートは、トレンドフォローと時間帯の優位性の説明から始まり、それを利用した具体的な売買ルールまで落とし込んだものを提供している。
哲学の部分をしっかりと書いてある分、自分のトレードスタイル、自分のトレード時間に合わせて、上手く調整し、検証してから使うといいだろう。俺の日々のトレードルールの一つなので、優位性があるかどうかに関しては、安心してほしい。


デューカスコピー・ジャパン × 月光為替 新規口座開設スペシャルレポートタイアップキャンペーン 

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら