トレードは難しい、簡単ではないといっても、理解しない者が多い。

多分、証券会社やメディアなど、様々な影響があるのだろうが、基本的に極端な成功体験と失敗体験ばかりのせるのが良くないのだと思う。

メディアなどで、例えば10年以上の長きにわたってリターンを上げ続けたヘッジファンドのマネージャーなどが取り上げられることはない。(俺なんてそんな長期プレーヤーと比べるとまだまだだ)

まだ、10年勝ち続けた本物の個人投資家ならまだしも、やっぱりセンセーショナルさが大切なので、1,2年で資産を何百倍に増やした、ただ運がよかっただけのなんちゃって投資家が取りざたされることがほとんどだ。

成功者としては、こちらの方が面白い。毎日苦労して分析し、真面目に取り組んでいるマネージャーより、なんかへらへらしていて、社会不適合者っぽいやつがかるーく勝っている方が、視聴者をあおることができるわけだから当然だろう。

対して、失敗体験としても取りざたされるのは、大抵気が狂ったかのようなレバレッジをかけ、ボラの高い相場で強制ロスカットを食らい、借金まみれになった奴が多い。

こっちからすれば、そりゃなるべくしてなった結果だろって話なんだが、投資は怖いものというイメージを簡単につけれるわけで、これまた視聴者に強烈なインパクトとして残るわけだから選好されるわけだ。

で、これが蔓延した結果、投資で勝つ奴も、負ける奴も、中身はかわらないただのギャンブラー、みたいなイメージが出来上がってしまって、世間的に「トレーダー=まともではない」というようなイメージが作られてしまったのだと思う。

一時的ならまだしも、長期的に安定運用できるというのは、こんなギャンブラーのような人間では絶対に不可能なのだが、そんなことは一部の人間にしか分からない。

そう考えると、貯蓄から投資への問題も、根が深いなと思う。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら