問題解決能力というのは、2つに分けられる。

1つは、与えられた問題に対して、回答を用意できる能力。
もう一つは、問題そのものを発見できる能力だ。

前者は昔からテスト勉強や受験等で、一般的に得易い能力だ。
だが、後者は難しい。その理由は、そういった練習をしてこなかったからだ。

論文を書く段階の学生になるまでは、基本的に前者の能力が求められる。
そして、論文含め学生としての終盤と、社会人になってからは後者の能力が求められる。

この部分で苦労する人間は結構多い。

実際、東大でもあれだけ賢かった奴が、論文を書くとなるとしょうもないテーマしか見つけられず、特に目立った論文を書けずに卒業していくパターンはよくみられるし、逆に駒場時代に別にすごい成績でもなかった奴が、卒論や修論になってみるみる素晴らしい論文を書くというパターンも時々見られる。(が、こっちは少数)

トレーディングに求められる能力も、社会と同じく前者よりも後者だ。
目的関数は「収益を上げる」という単純なものであるからゆえ、何がそのために必要で、何が今自分のネックになっているのかなどを自分で把握して解決していく能力が求められるわけだ。

そういう意味では、社会で成功する能力と、トレーディングで成功する能力ってのは、別段違いはない。

勘違いしないでほしいのは、社会で成功できない奴の最後の臨みがマーケットではないということだ。
別にどの世界でも、成功する奴は成功するし、失敗する奴は失敗する。

成功するために必要なのは、マーケットの世界にただ足を踏み入れることではなく、成功する考え方を身に着けることしかない。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら