では、今回は透明性のある手数料について話していきたい。

 

デューカスコピー・ジャパンの手数料は”外付け”というものだ。

つまり、手数料がスプレッドの中に入っておらず、別に徴収される。

手数料がスプレッドの中に入っていないということは、例えばボラティリティの高いときなどに、配信プライスにマークアップとして手数料を追加するなどの行為が一切なされないということだ。

 

これは株などでは結構普通のことだが、FXだと珍しい部類に入る。

だが、手数料が外付けということは、毎回の手数料率が一定であるということであり、FX会社にとって取引量が増えれば増えるほど手数料が入るということに他ならない。

取引量が増えるというのは、口座数が増えることも勿論大切だが、何よりも開設したトレーダーが勝ち続けて、長く取引してもらわないと手数料が増えないということになる。

なので、こういう形をとっている会社が、トレーダーに不利なことを秘密裏に行うということはほとんど考えられない。

 

低スプレッドで素人を釣って、口座をどんどん回転させることで儲けをだすのではなく、出来れば長くマーケットで生き延びていけるような実力あるトレーダーをサポートし続けて、WinWinの関係を築こうというイメージなわけだ。

 

そして、配信プライス自体がずっと言っているようにECN方式で透明性がある。

透明性をうたうのであれば、外付けの手数料は、むしろ必須であるともいえるだろう。

このような手数料体系はまだ日本では珍しいが、いずれスタンダードになっていくような環境になればいいと俺も考えている。

 

では、次回はECN、手数料と続いて、透明性の証明でもあるマーケット・デプス(板情報)に関して話していきたい。

 

 

口座を開設し取引すると、俺の売買ルールの一つについて詳細に解説したスペシャルレポートが無料でもらえる。
レポートは、トレンドフォローと時間帯の優位性の説明から始まり、それを利用した具体的な売買ルールまで落とし込んだものを提供している。
哲学の部分をしっかりと書いてある分、自分のトレードスタイル、自分のトレード時間に合わせて、上手く調整し、検証してから使うといいだろう。俺の日々のトレードルールの一つなので、優位性があるかどうかに関しては、安心してほしい。


デューカスコピー・ジャパン × 月光為替 新規口座開設スペシャルレポートタイアップキャンペーン 

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら