さて、今回は透明性の証明として、スプレッドの話をしていく。

 

しっかりとした流動性があれば、一定のレンジ内で信頼性高くスプレッドが安定している傾向が予想される。(厳密には流動性が高いからといってスプレッドが開かないというわけではない)

なので、非常時を除いた比較的安定している相場で一定のレンジ内でのスプレッドが収まっている実績があれば、基本的なトレードにおける流動性は担保されていると考えてもいいだろう。

 

デューカスコピー・ジャパンでは配信しているレートの提示率95%のスプレッドレンジを公開している。

スプレッドウィジェット

 

ちなみに、スプレッドレンジの算出・公開基準は下のようになっている。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

 

では、このスプレッドウィジェットを用いて、先月時点でのスプレッドレンジを見ていきたい。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

 

ドル円で0.3-0.5、ユーロドルが0.1-0.3、ポンドドルが0.7-1.1と、一定の狭いレンジで安定していることが見て取れる。

これを時々ウォッチしていくことで、しっかりとスプレッドが安定するだけの流動性(取引活動)があるかを確認でき、さらに目安とするスプレッドも一目瞭然となる。

 

このウィジェットでは手数料をスプレッド換算して確認することもできるので、自分の検証の際も、簡単に前提条件を確認できるのもポイントが高い。

 

これで、一通りデューカスコピー・ジャパンの透明性のある環境の紹介と証明ができただろう。

次回からは、少しこの会社特有のユニークな機能などを紹介していきたいと思う。

まずは、案外使うときが多く、昔少し記事でもチェックすべき指標として紹介した、CoTチャートに関して話していきたい。

 

 

口座を開設し取引すると、俺の売買ルールの一つについて詳細に解説したスペシャルレポートが無料でもらえる。
レポートは、トレンドフォローと時間帯の優位性の説明から始まり、それを利用した具体的な売買ルールまで落とし込んだものを提供している。
哲学の部分をしっかりと書いてある分、自分のトレードスタイル、自分のトレード時間に合わせて、上手く調整し、検証してから使うといいだろう。俺の日々のトレードルールの一つなので、優位性があるかどうかに関しては、安心してほしい。


デューカスコピー・ジャパン × 月光為替 新規口座開設スペシャルレポートタイアップキャンペーン 

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら