損益と、成長が結びつかないところがトレードのややこしいところだ。

 

最初のうち、トレードを勉強したての頃は、どんどん新しい知識を取り入れていけるので、ものすごく成長した気になる。

そのうち、自分の中でトレード理論、哲学みたいなのが、勝っていようが負けていようが生まれてくる。

 

面白いのは、負けていても哲学を持ってしまう所だ。

 

そして、その後はちゃんと知識自体も、その哲学にあうのかあわないのかで判断していき、情報の取捨選択をするようになる。

そして、もう自分のスタイルを変えない限り、勉強することが、一見なくなってしまう時がくる。

この時、ものすごく不安になるものだ。そして、その一番の理由は、大抵このレベルの状態では、まだ勝てていないからだ。

 

自分が吸収するべき知識が見えている間は、まだ勝てていなくても、特段不安に襲われることはない。

だが、そのような知識が一見なくなってしまったとき、まだ勝てていなければ、いいようのない不安に襲われる。
自分はもう成長できない。そして勝てない。今までのことは無駄で、これから俺は一生勝てないのか、、、と。

 

 

はっきり言えばそれは大いなる勘違いで、いわばスポーツでいう、ルールを覚えた段階にあるということがまだわかっていない。

野球のルールを覚えた段階で、「俺はなぜ甲子園にでれないんだ、、」と落胆しているようなものだ。

 

一昨日の検証の記事でもそうだが、紙の上で得られる知識ってのは、俺の動画も含めて、所詮知識でしかない。

六法全書を覚えただけで有能な弁護士にはなれないのと同様、それだけでトレーダーにはなれない。

 

膨大なトライアンドエラーを重ね、経験を重ね、反省をつみ重ねて初めて勝てるトレーダーになれる。

 

ウソだと思うだろうか。世の中には、絶対に買えば勝てる商材、読めば勝てるメルマガが存在すると思うだろうか。

 

なら、なぜ商材やメルマガを売っている会社は、自己資金でトレードして、大儲けしていないのだろうか。

 

本当に誰でも勝てるなら、まず販売会社が自分の金を使って、大儲けしながら、更に販売もしているはずだろう。だが、販売会社は社員も含めて、販売しかしていない。

 

売買ルールにすらなっていないものは置いておいて、ちゃんとルールを学んでも、そんなに簡単には勝てない。それでも勝ちたいなら、相当な努力が必要ってことは、これでわかってもらえると思う。

 

株にしてもそうだ。俺が時々出している株のアイディアだが、俺は毎日ああいうアイディアを最低10個くらい出して、大体毎日5個くらいの新規ポジションを構築している。
当たり前だが、当たったり外れたりしながら、全体としてリスクをコントロールしてアルファを取っていっているわけだ。

 

投資哲学を持ってからは、正直紙の上で学ぶことはほとんどない。後は、己のトレードからしか、トレーダーは学べないんだ。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら