このブログを見て、ぽちっと応援してくれているみんなのおかげで為替・FXのブログランキング全体で4位になった!

4%e4%bd%8d

いやぁ、モチベーションが上がるってもんだ。この場を借りてお礼を言わせてもらう!

今FX参加者が本当に少ないんだなとポイントの少なさとブログの少なさを見るとよく分かる。タイミングも良かったな。

こんなことはまぁこれからなかなかないだろうが記念にとっておいた。

勿論、これからもブログのランキングは俺の養分なので、是非毎日ぽちってくれ!

最近ブログ村にも登録したので、そっちも頼みます。

 

 

 

さて、昨日の寄り前に考えたアイディアなので、もうポジションは取っているが、今日はDOWA(5714)/東京製鉄(5423)・大和工業(5444)だ。

 

DOWAが上昇してきた理由は素直なもので、業績が良いから。そして、その業績は亜鉛価格に基づいたもので、亜鉛価格が堅調に伸びていることから計画の上振れが見込まれ上がってきた。

 

10/14に上期業績の上方修正を出し、2Qの精錬事業のセグメント利益は良くなかったが、定修要因であり、一過性のもの。通期上方修正も期待できる、利益モメンタムだと考えられる。

 

一方東京製鉄・大和工業にとって、10月契約分のH型鋼の価格値下げはネガティブだった。
値上げの浸透は難しいというのがコンセンサスではあったが、値下げというのはマーケットの想定外で、厳しい状況。10/17発表の11月契約分も横ばいと、さらなる価格下落には歯止めがかかったが、別に底入れの兆しはない。

 

新日鉄などが鋼材価格の上昇見込み(中国の大手企業統合や、ゾンビ企業の想定外のリストラによって見えてきた減産による需給ひっ迫期待)によって上昇してきたが、直近は原料炭の大幅な上昇で動きが鈍い。

 

電炉各社は原料炭上昇はあまり関係なく、鉄スクラップ価格と鋼材とのスプレッドが株価決定要因となるが、さすがに鉄スクラップ価格に原料炭急騰効果が波及する可能性が見えてきた。

 

となると、更なるスプレッド縮小が見え、電炉各社にとって良くない状況が続いていくことになる。

 

株価レシオでみると、若干の織り込まれがみられる水準だが、まだ5年のレンジでみると底値圏。

 

ということで、結論としては、5714買い、5423,5444売りのペアトレード。
5714/5423は目標1.5、ロスカット0.8(株価レシオで)リスクリワード1:2。
5714/5444は目標0.35、ロスカット0.2で、リスクリワード1:2。
投資期間としては、2ヶ月程度で、前提条件に変化有ればその状況に合わせてアンワインドを考えていく。

 

今回の前提条件としては、亜鉛価格と、原料炭価格が堅調に推移すること、そして、いわゆるモメンタム相場といわれる、順張り相場が続いていくことだ。

 

続いていくとか言っているが、この10月まで、かなりバリュー優勢の相場だった。
まだ、俺の作ったファクター転換ツールでは、このバリュー優勢の地合いが崩れるようなサインは出てはいない。

 

まぁでも一旦ピークアウトの兆しが短期的には出ているので、2ヶ月程度であれば、期待できるのではと考えているが、、どう出るか。

と、いうことで、暇であれば今後の推移をチェックしてくれ。負けていれば俺が損しているので、ほくそ笑んでくれればと思う。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら