なんか、ポイント数が盛り上がってきたな。
そろそろFX人口が戻り始めたのか?そしたらまたわけのわからないブログが乱立して、俺の順位も下がっていくんだろうな、、、 まぁ記念にスクショしたからイイですけどね。

 

さて、トレードで上達の速いやつと遅いやつがいるが、その大きな違いは、素直さにあると俺は思う。

素直さというのは、言うことをハイハイなんでも聞くことではなく、物事に対してバイアスを持たずに接することができることだ。

 

例えば、トレードに関することを勉強する時に、「俺は移動平均で負けたことがあるから使わないでおこう」というのは、素直な姿勢ではない。

 

素直な姿勢とは、「移動平均はどう作られたインジケーターで、どのような時にどのようなことを教えてくれるものかを学ぼう。そして、自分が昔なぜ負けたのか本質的な原因を考えよう」だ。

 

「月光為替怪しいし腹立つからこいつの言っていることは全て間違いだ!」も素直な姿勢ではない。

「月光為替怪しいし腹立つ。だけど、こいつの言っていることは、ちゃんと自分で検証して、自分が正しいと思うことは取り入れ、自分が間違っていると思うことはなぜ間違っているのかを検証し、そこから何か得られるものがないか考えよう」が素直な姿勢だ。

 

別に、相場に関する部分以外で素直になる必要はない。
素直な人間など、実生活ではただの空気の読めない奴だ。

 

だが、相場には、できるだけ素直に向き合わなければならない。

 

勿論、相場に限らず、何かを学習する時は、つねに素直に向き合う必要がある。
ただ、それは先生や教科書の言っていることを鵜呑みにするということではない。

 

例えば、0で何かを割ると無限大になるが、それをそういうものだと覚えるのと、ちゃんと極限の証明を読んで理解するのとでは、その後の応用に大きな差が生まれる。

 

鵜呑みの勉強には深さがない。
深さがなければ、応用ができない。

 

相場は理解の深さが試される、高度な知的ゲームだ。
なので、めんどくさがらずに、最初のうちは全ての相場の知識に対して、素直に勉強していくといい。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら