時々、100万円を2億とか3億とかにして、その後それを全部溶かした、みたいなトレーダーがいる。

これは、本当か嘘かは別として、ある意味トレーダーの全員が学ばなければならないことと、気を付けなければならないことが包含されている。

 

まず、100万円を2億にして、その後0にするという時点で、そいつはお金のことを、トレード中はただの数字として扱うことができている。

普通は、こんなことはできない。

そもそも、100万円を2億にしていく過程で、ものすごいレバレッジをかけてやっていくわけだが、普通の神経であれば2億に到達する前に怖くなって、もしくは満足して辞めてしまう。

 

所謂、普通の投資手法ではこんな試算推移は到底真似することができない。

ある意味、資金管理ルールをとりあえず外においておいて、ばんばん一世一代の勝負に全力投球していくイメージだ。

だが、普通の人間は、既に2,3億持っていれば別だが、100万円から始めれば、もっと手前で怖くなってやめてしまうだろう。もしくは同じレバレッジをかけれなくなってしまう。

 

だが、トレードで最終的に成功しているといわれるレベルになるには、お金はある意味数字として捉えなければならない。

それを、誰に言われるでもなく、最初からこういうタイプのトレーダーは、体現できているともいえる。

 

そして、気を付けなければいけないのは、結局0になっているというところだ。

そこまで増やしておいて0にするってのは、あまりにも自分の成果に対して無頓着すぎる。

本当にただの数字として扱ってしまっていたからこそ、それが0になるまで、勝負し続けることができるんだろう。

だが、それではトレーダーとしては失格だ。なぜなら、トレーダーの通信簿ってのは、最後にいくら儲けた状態でマーケットから退場できたかで、結果がすべてだからだ。

 

このトレーダーの例では、確かに瞬間リターンは一時200倍という驚異的なものだが、最終的には、-100%に他ならない。

 

この、お金を数字として扱わなければならない点と、とはいってもお金はお金だと意識しなければならい点は、本当に矛盾しているなぁと思う。

だが、その矛盾をいい塩梅で自分の中で共存出来て初めていいトレーダーになれる。

 

トレードをやっていると、このタイプの矛盾はたくさん出てくる。そういうところもトレードが難しい職業であるゆえんだろう。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら