大体、不思議なことに、勝つトレーダーのエントリーのタイミングや、エントリーの方向ってのはかぶることが多い。

被らないにしても、一目見れば、「ああ、そこで入るのね」と納得できることがほとんどだ。

「え?そこですか?」とあまりにも突拍子もないエントリーとかエグジットを行っていく勝ちトレーダーってのはあまり見ない。

 

俺の中での結論としては、結局どんなルールを採用するにしても、トータルでプラスのアルファがあると思われるゾーンってのは似通ってくるからだと思っている。

守・破・離という言葉があるが、やっぱりどんなトレーダーも、まずは「守」から入るわけで、そこから「破」「離」と発展させていくとしても、基礎となる「守」は大きくは違わないんだろう。

 

だが、全くの素人は別として、ある程度やっている奴なら、そのトレードのエントリータイミングやゾーン、方向などは、案外理解できることが多い。

トータルでマイナスだとしても、ちゃんと勉強していれば、やっぱり「守」の部分はしっかり学べるわけだ。

だから、勝っていないトレーダーのトレードも、はたから見ると理解できる。

 

だが、悲しいかな「守」だけでは勝っていくことができない。

「破」「離」を自分で編み出してこそ、やっとこさ勝っていけるトレーダーになるわけだ。

 

別に、見てる分には、この二つに大きな違いはないと思う。

つまり、どうしようもなく負けている奴は別として、勝っているトレーダーと、努力しながらも負けているトレーダーってのは、ほとんど同じだといっていい。

 

本当に「破」「離」の、小さい部分だが、この部分だけは巷にあるものから学ぶことはできず、自分自身のトレード、ひいては自分自身と会話していくことでしか見つけていくことはできない。

この小さな違いが、大きなトレード結果の違いにつながっていくわけだ。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら