本日は、JSRの決算から連想されるトレードアイディアだ。

 

メインは日本ゼオンのショート。
今回JSRの決算が下振れしたのはまぁ想定内だったわけだが、エラストマー事業の下振れはコンセンサスを上回るネガティブサプライズであった。

 

で、詳しく短信を見ていくと、数量は出ていたが、国内の単価が大きく下落したため厳しい決算となった模様。
タイのSSBR(高燃費タイヤの原料)がプラスに寄与したことを考えると、想定以上に国内のエラストマー市況が厳しいことが考えられる。

 

となると、JSR同様エラストマー事業の利益貢献の大きい日本ゼオンにもネガティブな話。
直近まで株価はJSRと同様かなり上昇してきたため、ショートの妙味が大きいと判断。

 

ではヘッジとなるロング側の候補を考えると、まず単純なところでタイヤメーカー。

数量は出ているわけで、原料のエラストマーの単価が落ちているわけだから、むしろタイヤメーカーにとっては原料安メリットでポジティブ。

 

そこで、大手二社のブリジストンと、住友ゴムでのレシオをみてみると、かなり低水準なところで推移しているので、反発のアップサイドは大きい。

 

また、もう一つは、すでに株価には相当織り込まれてきたが、好決算を出した日本電産。
確かに高いが、直近のレシオをみると、一旦調整していたので、この調整幅を埋めるほどには戻ってくるだろうと判断できる。それほどの好業績であった。

 

よって、結論として、
ブリジストン(5108)、住友ゴム(5110)、日本電産(6594)買い、日本ゼオン(4205)売りのロングショート。

 

5108/4205は3.8ロスカットの4.5付近を目指す。
5110/4205は1.6ロスカットの1.83付近を目指す。
6594/4205は9ロスカットの11を目指す。(これらの数字は、おなじみ株価のレシオ、つまり単純に割り算した比率)

 

10/25でエントリー済みなので、これからの動向をチェックしていくといい。

 

ちなみに、今までのアイデアで、JR九州は半分寄り付きで利確。
ヤフー/楽天も半分利確している。
また、インバウンド関連の9024/8202は短期に一気に利がのったので利確した。
残りはまだ保有中だ。

 

株に興味のあるものは、銘柄云々ではなく、俺のポジションメイクに至る考え方を参考にして自分でもみていくといい。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら