FXはファンダメンタルズも最近はよく解説しているが、短期のトレーディングはやはりメインはテクニカルになる。(株は投資アイディアでもわかるとおり、スイングでのL/Sなのでファンダメンタルズがメインになるが)

 

で、そのテクニカル分析に対する記事は沢山書いてきたし、講座も販売している。

 

ただ、テクニカル分析は”分析”であり、それが絶対の正解ではないことは、しっかりと理解してもらいたい。

 

やはり、”これが正解です!”という文言に惹かれるとは思うが、マーケットにおいて、”正解”はない。

 

“正解”があるとすれば、それは儲かったトレードのことだ。

 

だが、そこには”優位性はないが、運が良かったから”儲かった場合と、”優位性があって、かつ運が良かったから”儲かった場合の2種類が存在する。

 

どんなに分析をしても、結局最後の”運”を惹きつけることはできない。まさに、トレードの世界は”人事を尽くして天命を待つ”しかできない世界なのだ。

 

だが、何度も繰り返していれば、”優位性”は必ず確率の形で表れてくる。
だから、何度も繰り返しトレードをしていくことが大切なのだ。

 

そして、テクニカル分析も、ただの”分析”である以上、アートの側面が非常に高い。

 

その時の相場の雰囲気、自分のポジション、自分の体調・経験年数によって分析結果ってのは簡単に変わりうる。

 

だから、自分のトレードしたチャートは、朝の分析段階、そして実際のトレード結果どちらも保存しておいて、何度も見直し、自分の立てた戦略、ルールにのっとって、本当に行動できているのか検証していかなければならない。

 

こういう事後努力ってのは、外野からは何も強制することはできない。
それができるかどうか、そして継続できるかは本人だけが選択権を持っている。

 

ある程度ルールが固まったあとは、トレードはほとんど自分との闘いになってくる。

 

そしてそうなってからが、トレードのアートの側面が非常に強くなってくるのだ。
この場所に立つまでは、なるべくトレードの科学の側面を重要視しなければならないが。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら