マーケットに絶対はないからこそ、皆が”絶対”と思っているところにはチャンスがある。

 

テクニカルにせよ、ファンダメンタルズにせよ、”誰が考えても絶対”っていう向きにはほとんどの場合投資妙味はない。

 

勿論、その絶対に進んでいくこともあるというのが、”マーケットに絶対はない”ということなんだが、大抵マーケット参加者が皆右ならえになった時は、”いつ左に行けばいいのだろう”と考えをめぐらせ、アンテナを張り続けた者が勝者となる場合が多い。

 

そんな影響もあって、ずっとトレーダーをやっていると、なかなか素直になれない。
テレビのニュースや、bloombergのニュースとかで”円安に振れる”とか、”株高になる”とかのニュースで埋め尽くされると、「行き過ぎかな?短期の天井かな?」なんて考えてしまう。

 

一番マーケットにいて心地いい状態ってのは、”何もない状態”だ。

 

何もない状態は、トレンドが継続しやすく、動きも原則的になる。

 

だが、そんな状態がいつも続いているわけがなく、むしろ少数派だ。

 

そういう”有事の状態”ってのがむしろマーケットにはふつうの状態であり、こういう時に適切な判断をしていかなければ長期的には勝てない。

 

2016年の相場は、年初からかなり”有事の”状態が多かった。周りでも、やられまくっているトレーダーが多い。

 

ただ、こういう相場で上手くトレードができてこそ、そのトレーダーには価値があるってもんだ。

 

“マーケットが難しかったから負けました”なんて言い訳は、顧客には通用しない。資金が引かれて終了だ。

そして、それは自分の身銭でトレードしているものにとっては生活にかかわってくるので、死活問題になる。

 

何度も言ってきたが、トレーダーにとって最も大切なのは、”勝つこと”ではない。

 

“負けない”ことだ。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら