損失を受け入れるために、なぜ損失というものが存在するのかを考えたい。

 

損をするってことは、自分の戦略がその時点で効いていないことを意味する。

 

だが、その戦略が確率的な優位性を持つのであれば、その損失があるからこそ、将来の利益が存在し、優位性が発現するともいえる。

同時に、現在の利益というのは、それが確率的な期待値に収束するためには将来に損失が出なければいけないということを意味する。

 

損失するからこそ利益がでるのであり、利益がでるからこそ損失が出る。

 

哲学的だが、この2つは表裏一体であり、避けることはできないということだ。

 

ポジションを入れた瞬間から利益がでて、一度も損になることなく伸び続けるほど精神的に安定するトレードはないが、ほとんどのトレードは入れた瞬間損失の期間が続き、その後に開花したかのように利益になっていく。

 

この時に損失が受け入れることが出来なければ、損切り貧乏のように、意味もなく損切りしてしまう。

 

塩漬け、チキン利食いとならんで、これまた困った病に損切り貧乏ってのがある。

 

だが、損切り貧乏になるのは、大抵の場合、自分の損失に対するキャパシティが小さいことが原因だ。

 

そもそも最初に決めたストップで毎回損切りになってトータルでマイナスが続くのであれば、それは損切り貧乏ではなく、売買ルールの問題だからな。

 

損切り貧乏を脱出していくには、本当の意味で損失を受け入れなければならない。
そのための考え方の一つとして、損失を将来の利益と捉えていくと、少しは精神的負担が和らぐのではないか。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら