結局、安きを買って高きを売ることでしかトレードで儲かることはない。

 

だが、価格が上昇するか、下落するかの予想はしても意味がないとよくトレードの世界では聞くはずだ。(ある程度勉強しているものなら)

 

どういうことなのだろうか?

 

俺なりにこれには回答があって、俺の答えは、価格ではなく、”価格の裏にいる人の反応を予想する”であったり、”価格と時間の乖離を予想する”である。

 

特にFXのデイトレードで俺が売買ルールを作る時大切にしたのは、”分かりやすいところでのトレード”だった。

 

なぜ分かりやすいところでトレードすべきと考えたかというと、分かりやすいところということは、様々な立場の相場参加者がそこに注目するということだ。

 

そして、そういうところでは、価格の一挙手一投足が相場参加者に大きな影響を与える。

そして、そういうところで、ある価格パターンがでるならば、その裏での攻防は”こうなっているはずだというものを自分の頭で想像した。

 

そして、そのパターンに対して、”その後こうなれば、こういう反応を示すだろう”という、反応そのものを予想したのがまず始まりだ。

 

そして、その反応が自分の思惑と反対方向に確定するところをストップとして、あとはトレンドフォローというFXの世界では未だ確定的な優位性を取り入れて、ルールを作っていった。

 

だから、結局”価格が上がるか下がるか”という二元論にアウトプットは落ち着くのだが、

 

“こうだから価格が上がる” という予想を立てるのではなく、厳密には

 

“こうなっていればこう反応するだろう。その結果価格が上がる”という方程式の、”こう反応する”という部分を予想しているということになるのだ。

 

そして、その立てた予想(仮説)を過去のチャートや、リアルタイムで検証していくことによって、ブラッシュアップして、トレードを続けていく。

 

そしてその作業は常に続けていく必要がある。

 

価格を当てるってのは、ほぼ不可能だ。なぜなら、マーケットについている価格が、その商品の”価格”だから。

 

価格ではなく、反応を予想していく。その結果、今の俺のトレードスタイルがある。

 

株の場合は反応に加えて、”時間と価格の乖離”、”情報の消化時間と価格の乖離”に焦点を当てていろいろと戦略を考えているのだが、ここでは語らないようにしよう。

 

勿論、俺の考えが全てではない。色々な考えあって然りだと思う。

 

ただ、俺はこういったトレード哲学に対する思考プロセスそのものが、トレード戦略を立てていく上で最も重要だと考えている。

 

トレードにおいては実証科学も大切だが、それだけでは変化の波とブラックスワンに溺れてしまう。
カントのいう「アプリオリな認識」を基礎とすることが、マーケットに対応するある意味本質的な回答なのではないかと思う。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら